目・眼の紫外線対策はどうしたらよい?眼の対策をしないと肌が黒くなるの?

紫外線で危険な眼 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

皆さんはになると紫外線対策が気になりますよね。
肌荒れやシミ、肌にダメージをあたえる日焼けの原因とされる紫外線ですが、実は紫外線の影響は肌だけでなく、も例外ではありません。
目にかかわる紫外線対策方法はどのようなものがあるのか、見てみましょう。

目の紫外線対策方法とは

紫外線は日焼けしたり、シミやシワ、たるみなど光老化の原因になることは知られています。

紫外線はお肌だけでなく、にも降り注いでいるのです。

ここで紫外線について確認してみましょう。

紫外線は波長によって、UV-A・UV-B・UV-Cに分類され、実際に地表へ届くのは、UV-AとUV-Bの2つです。

UV-Aは地表に届く紫外線の9割を占め、長期的に人体に影響を与え、UV-Bは地表にわずかしか届かない代わりに肌への影響は強く、日焼けや炎症などの原因となります。

紫外線は波長が短いのでほとんどが角膜や結膜で吸収され、水晶体より奥に、特に網膜まで届くのはUV-Aの中でも可視光線に近い波長の部分だけです。

後ほどご紹介しますが、サングラスや日傘などのグッズを使用しこの紫外線を対策することで、目の健康を保つことが目の紫外線対策と言えるのです。

目が紫外線を浴びるとどうなる?

次に紫外線を浴びると目にどのような影響があるのか見てみましょう。

 目も日焼けするの?

先述しました通り、UV-AとUV-Bという紫外線が地表に降り注いでいます。

目が日焼けすると言われてもクエッションの方もいるかと思います。

しかし、目は目に入ってくる情報を脳に伝え、脳はモノゴトを認識しています。

つまり目には多くの光の情報が入っているのです。

その中に紫外線が含まれているので、目もその紫外線の影響を受け、その影響はお肌以上ともいえるのです。

日焼けするとお肌は赤くヒリヒリしたり、黒くなったりします。

目の日焼けは黒くなることはありませんが、目の表面に紫外線があたることで角膜が炎症し、

  • 充血
  • 痛みやかゆみ
  • かすみ
  • 涙が出る
  • 異物感

などを引き起こします。

これを角膜炎(雪目とも)と言います。この角膜炎は安静にしていれば徐々に回復しますが、よくならず症状を放置した場合は病気になってしまう場合もあります。

白内障
眼球の中の水晶体が濁る病気です。徐々に病気が進行するにつれて目が見えにくくなってきます。

この水晶体はカメラなどのレンズの様な物で、もともとは透明でよく光を通すのですが、(加齢や遺伝などが主な原因ですが)紫外線により発症、進行しやすくなります。

 

翼状片
紫外線で目の表面が傷つき、白目部分が増え、黒目の一部分を覆ってしまう病気です。

ホールケーキをカットしたように、黒目部分が白目の部分で三角形に覆われてしまう症状です。

自覚症状としては、視力低下、異物感、充血などがあり、進行してしまった場合は手術が必要になってしまいます。

 

目から紫外線が入ると、体が反応しメラニンを生成し、肌が黒くなると考えられています。

年齢が出やすい目元周辺にも紫外線は当たっている?!目の周りを徹底考察!

眼がキレイな女性

サングラスをかけて目・眼を保護

サングラスは紫外線対策に効果的です。

WHO(世界保健機構)が「UVカット機能を持ったメガネやサングラスの着用で眼への影響は90%減少する」と、UVカットサングラスの効果性に対する見解を示しており、世界レベルでサングラスの有用性が認められてきています。

サングラスの選ぶポイントをご紹介します。

紫外線カット率

サングラスを選ぶポイントとして、紫外線カット率があります。紫外線透過率などと表記されます。

紫外線をどれだけカットしてくれるかという目安です。

例えば、紫外線透過率1%とあれば、紫外線を99%カットしてくれます。

可視光線透過率

可視光線透過率は0~100%で表され、用途や使用する環境に応じて選ぶのがポイントです。

可視光線透過率は低いものほど色が濃くなり、眩しさを防ぐ度合いが強くなります。

その代わりに視界が暗くなります。車の運転時は、可視光線透過率80%以上は必要になります。

レンズの色選び

保護レベルによってサングラスのグレードが分けられています。イエローやグリーンの保護クラスが0~2、グレーやブラウンの保護クラスは3などです。

また、レンズが暗すぎると瞳孔が開き、乱反射した紫外線が目に飛び込みやすくなるので、暗すぎるレンズは避けることをおススメします。

フレーム選び

フレームのすき間からも紫外線が入ってくるため、フレームにはある程度の大きさが必要です。

そして、すき間を出来るだけなくしズレにくいフィット感が必要です。

スポーツ用、仕事用など用途に合わせて選んでみることもおススメです。

帽子で顔に紫外線が当たらないようにしましょう

帽子は、髪の毛・頭皮・顔に当たる紫外線を防いでくれるだけでなく、日射病や熱中症の予防にもなります。

帽子もUVカットのモノがおススメです。

2種類のUVカット加工
 素材の表面に紫外線を防ぐための加工をしている
 紫外線を防ぐための無機物質や安全と認められている有機物質を素材に織り込んでいる

素材の製造段階でUVカットの加工をしているものは洗濯しても効果が維持され、素材が出来上がった後に加工しているものは比較的に洗濯後に効果が下がりやすいと言われています。

UVカットのメカニズムは、

  1. 紫外線を吸収するタイプ
  2. 紫外線を反射するタイプ

があります。

また、色にも紫外線を吸収に差があります。

  1. 赤・青
上から順に紫外線を通しにくくなります。
ただ、色による紫外線カットの差よりも、UVカット加工による紫外線カットの方が効果が大きいため、紫外線カットのために色にこだわる必要はあまりありません。

日傘で陽射しをガード

日傘も紫外線対策に効果的です。

ポイントをいくつかご紹介します。

帽子の理由と同じように、UVカットの加工がされていれば外側の色にこだわる必要はありません。

日傘で注意したいポイントは内側の色です。

それは、紫外線はアスファルトなどの地面からの照り返しがあるからです。

地面に反射した紫外線が日傘の内側でさらに反射して人の目やお肌に降り注ぎます。

そのため、内側の色は濃い色がおススメです。

その他の注意点としては、レースなども光が隙間から漏れてしまうので、効果としては低くなります。

サプリメントで体の内側から耐性をつける

体の内側から紫外線を対策するにはサプリメントがおすすめです。

サプリメントの目的
  • 新陳代謝やターンオーバーを促して健康な肌を目指す
  • メラニン色素の生成を抑える
  • 紫外線によって発生する活性酸素を抑制する
効果的な成分
  • 一重項酸素を消してくれる“カロテノイド”
  • メラニン色素を抑えることが期待されているアミノ酸“L-システイン”
  • 美肌効果の高さで有名な“ビタミンC”
  • 植物が持っている色素“フラボノイド”
  • 紫外線による光老化を防ぐ“ピクノジェノール”

これらの成分が含まれるサプリメントを探してみてはいかがでしょうか。

目薬も実は紫外線対策になる

サングラスや日傘などをしていても、隙間や反射などで目には紫外線が飛び込んできますので、完全に紫外線をカットすることはできません。

そこでおススメしたいのが角膜を修復する機能がある目薬です。

 活性型ビタミンB2 角膜の新陳代謝を促進
 コンドロイチン 角膜に潤いを与える

このような成分を含む目薬が紫外線対策に期待できます。

目・眼の紫外線対策の大切さ

以上、にかかわる紫外線対策のあれこれをみてきました。

特に春から夏にかけては紫外線が多く降り注ぐ季節ですので、この時期の紫外線対策は重要かと思います。

紫外線はの健康だけでなく、美肌にも関係しているので、ご紹介した対策をぜひ行っていただければと思います。

 

クリアなレンズで紫外線対策に!おすすめの紫外線対策メガネとは?

サングラスの色の濃さで紫外線対策効果が変わる?調光レンズと偏光レンズとは

紫外線対策におすすめのアイテムはコチラ
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?