美容と健康維持に!こだわりのオーガニックコーヒー「デイリーコーヒー」

コーヒートップ 美容

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

健康志向・美容意識が世間で高まりをみせる中、そうした世間の流れに呼応するかのように、オーガニック食品が人気を集めています。

オーガニックコーヒー生豆もその1つであるとされ、最近ではオーガニックコーヒーを専門に扱うカフェも見られるようです。

今回ご紹介するのは、健康維持・美容効果を考えた選りすぐりのオーガニックコーヒー
デイリーコーヒーです。

こんなお悩みはありませんか?

オーガニックコーヒー
オーガニックとは日本語で有機という意味があります。

そして、農薬や化学肥料を使わずに、土中の微生物や落ち葉などの腐植物、農作物の廃棄物、家畜の糞などを活用する農法のことをオーガニック農法といいます。

オーガニックコーヒーは、オーガニック農法によって生産されたコーヒーの生豆を使用したコーヒーのことを指します。

オーガニックコーヒーには特有の香りや苦み、色のもとになるポリフェノールが多く、フラノボイドビタミンなども自然配合されているため、次のような効果をもたらすという研究結果が発表されています。

  1. コーヒーの刺激によって、成長因子の1つである脳由来神経栄養因子(BDNF)が放出され、加齢とともに低下しがちな脳や筋肉を若々しく保つ
  2. 肝臓がん、子宮がん、大腸がん、糖尿病、心臓病の発症リスクが軽減される

多くのメリットがあるオーガニックコーヒーですが、
今回ご紹介するデイリーコーヒーは、そのオーガニックコーヒーにさまざまな栄養成分を配合して、

  • 朝のスッキリ感がほしい
  • 健康を維持したい
  • 美容のために手軽に続けたい
  • コストパフォーマンスが気になる
コーヒー女性1

といった要望に応える商品です。

デイリーコーヒーとは?

デイリーコーヒーは、コロンビア産有機栽培高級アラビカ種100%のオーガニック豆を使用した
オーガニックコーヒーです。

食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖、アミノ酸、αリポ酸、ミネラル酵母、ミネラルなど栄養成分を豊富に配合しています。

有機JAS認定機関の認定を受けた有機栽培豆を使用。GMPに準拠した衛生的な国内工場で徹底した品質管理のもと製造されています。

また、香料・保存料は使用していません。

 

デイリーコーヒー商品1
*JAS・・・日本農林規格登録認定機関ECOCERT-QAI(2006年)
*GMP・・・医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理基準

デイリーコーヒー3つのポイント

デイリーコーヒーこだわりの3つのポイントとは?

健康維持・美容に役立つ成分

食 物 繊 維食物繊維
乳 酸 菌乳酸菌
オ リ ゴ 糖オリゴ糖
  • 食物繊維・・・・・食物繊維は消化・吸収されずに、小腸を通って大腸まで達する食品成分です。整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの生理機能を持ちます。ほとんどの日本人に不足しているといわれています。
  • 乳酸菌・・・・・乳酸菌はヒトの身体にとって良いはたらきをしてくれる善玉菌です。腸内環境を整えてくれる効果があります。ヨーグルトやチーズ、漬け物など発酵食品の製造に使われており、それらの食品を食べることで体内に取り込むことができます。
  • オリゴ糖・・・・・オリゴ糖とは、いくつかの単糖がつながった糖質の一種です。善玉菌を増やす働きがあることから、腸内環境を整える効果があることで知られています。糖質として体のエネルギーになりにくく、摂取しても血糖値の上昇にほとんど影響しません。

 

コーヒー女性1
  • アミノ酸・・・タンパク質は多数のアミノ酸が結合したものです。人の体を作っているタンパク質は、20種類のアミノ酸から構成されています。
  • αリポ酸・・・チオクトと呼ばれる脂肪酸の一種です。 人間の身体を構成する60兆個の細胞全てに存在し、それを活性化させる働きを持っています。
  • ミネラル・・・体の機能の維持・調節に欠かせない栄養素です。 ビタミン同様、少量で重要な働きをしますが、ミネラルはの構成成分でもあります。

JAS認定機関認証の有機栽培

デイリーコーヒーのコーヒー豆は、香料・保存料は使用していません。

コロンビアのシエラネバダで栽培・収穫されたコーヒーは世界中で愛飲されていますが、有機JASの認証を取得している豆はごくわずかです。

さらに、その豆を有機JAS認定を取得した工場でフリーズドライ加工し、パッキングして輸入されます。フリーズドライ加工の過程においても食品添加物は使用していません。

コーヒー花
有機JASとは
農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。

有機食品のJASに適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

徹底した品質管理

GMPに準拠した衛生的な国内工場で徹底した品質管理のもと製造されています。

コーヒー製造過程

GMPとは?
医薬品や医薬部外品は、人々の健康や生命に直接関わっています。

そのため、製造する際は定められた品質規格に適合することを確認するだけでなく、製造過程についても適切に管理する必要があります。

このような要件をGMPといい、日本語では「医薬品の製造管理及び品質管理の基準」と表現されています。

定期特別価格のご案内

コーヒー商品2

【 デイリーコーヒー 】

通 常 価 格・・・・・7,900円(税別)

・30袋入り

レビュー記入なら、60袋入りが

定期特別価格・・・・・7,900円(税別)

・50%OFF! ・3ヵ月ごとにお届け

日本農林規格登録認定機関 ECOCERT-QAI  2006年有機JAS認定取得コーヒー豆使用
 
コーヒー製造風景

デイリーコーヒーの口コミ

とけやすいところが気に入っています。香りもとても良いです。
スティックに入っているので、旅行や出張など泊りがけの際も持ち歩けてとても便利です。これからも続けていきたいと思っています。
お水でもサッと溶けるので、夏の暑い季節はアイスコーヒーを手軽に楽しめます。たくさん栄養成分が入っていて、好きなコーヒーを飲むだけで健康を維持できるのは嬉しいですね。
コーヒー女性
コーヒーホット
コーヒー女性2
低カフェインのオーガニックコーヒー。栄養成分も配合されているので、健康食品という感じです。体調も良く、肌がキレイになった気がします。味も悪くないです。
品質が良く安心できるので、継続して愛飲しています。さっと溶けて手軽にコーヒーが作れ、個包装になっていてとても便利です。健康維持と美容のために、これからも続けていきたいです。
健康のためにはじめました。ステックコーヒーでお湯に溶かすタイプなので、かさばらず大変使い勝手が良いです。お気に入りの品です。オーガニックなので安心です。

こだわりのオーガニックコーヒー

いかがでしたでしょうか?
今回はデイリーコーヒーのご紹介でした。

カフェブームになって以降、よりこだわりあるおいしいコーヒーを、身近に楽しむことができるようになり、お店だけでなくご自宅でも手軽にさまざまな種類のコーヒーが味わえるようになりました。

その中でもオーガニックコーヒーは、安全で地球環境にもやさしい点も魅力ですよね。

身近なコーヒーにこだわりの配合成分で美容健康維持にアプローチするオーガニックコーヒー
デイリーコーヒーを毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?