夏の紫外線を防ぐための服装とは?服の素材や色をしっかり組み合わせたファッションを!

外で本を読む女性 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

暑い夏の紫外線対策は大変ですよね。
暑いから薄着などの涼しい服装でいたいなぁと思いますよね。
しかし薄着だと紫外線対策をしないといけないし、紫外線対策は面倒だなぁと思いますよね。
そこで今回は夏場における紫外線対策について、夏の服装で紫外線対策はできるか?というテーマで考え、服装の他にも服の色・素材、その他の紫外線対策アイテムなどをご紹介していきたいと思います。

夏の服装で紫外線対策はできるのか?

夏は暑く、多くの人が薄着で過ごす事が多いかもしれませんが、薄着になっているだけでは紫外線によるダメージはそれでは防げません。

ですのでUV加工が施された服、または帽子、日傘、サングラス、アームウォーマー、日焼け止めを塗るなどの日焼け対策は必要です。

紫外線対策ができる服の色、出来ない色

どんな色の服が紫外線対策になるのか見ていきましょう。

向いてる色
紫外線対策といってすぐに思い浮かぶ色として多いのは黒や濃い色ではないでしょうか。

日傘やアームウォーマーなどの紫外線対策グッズにもよく使用される色という事もあり、紫外線対策になると考えられる色です。

向いてない色
夏にTシャツなど白系統や比較的明るい色の衣類を着る機会が多くなります。

しかし淡い色の衣類は紫外線を通しやすく、反射もしやすいので、紫外線の予防には向いていません。

紫外線を遮断する色
黒色や濃い色よりも更に紫外線を遮断する効果のある色が黄色です。

Tシャツを黄色に染める時に使用する染料は紫外線を吸収し、その下の肌に通さない性質がありますので、黒色よりも紫外線を遮断する効果が高いです。

また黄色のTシャツは黒色のものに比べると熱を吸収しにくい性質もありますので夏にはオススメです。

夏の紫外線を防ぐための服とは

夏の紫外線を防ぐための服とはどの様な服が良いのか見て行きましょう。

UVカットの素材

UVカット加工の方法
カーボン、セラミック、チタンや化粧品に使用されている紫外線吸収剤を繊維製造時に練り込む方法

衣料となった製品や生地に付着させる方法
→生地に付着させる方法で生産された服は洗濯によって効果が減っていくとされています。
紫外線防御に対する意識が強いオーストラリアやニュージーランドなどでは独自に「日焼け止め防止衣料の評価と分類」が制定され、UPF(ウルトラバイオレット・プロテクション・ファクター)としてその効果を数値で表し、衣服購入の際の1つの目安になっている。

服の生地の素材

紫外線対策に効果がある素材
ポリエステル

ナイロン

カーボン

セラミック

チタン

ビニロン  などの化繊です。
これらの素材を使用されたものは比較的紫外線を通さないとされています。

またこれらの素材の中でも生地の目が詰まっているものが紫外線を通しにくくなっています。

同じ素材を使っていても透ける様な生地になっているか、厚手のものになっているかで効果が違ってきます。

紫外線に有効な服

UV加工の施された服が紫外線に対して有効です。

最近では様々なものが販売されてますが、半袖の上から羽織れるパーカーなどは涼しくサラッとした着心地です。

室内は半袖でもいいですが、紫外線が容赦なく降り注ぐなかで外出する場合はUVカット効果のある羽織りものを着た方がお肌にはいいです。

UV加工の服じゃなくても、半袖でもUVカットスプレーなどをする事で80パーセント位の紫外線をカットされます。

場所によって服装は変えるべき?どの様な服装が紫外線対策になるのか

半袖短パンで紫外線対策をするためには

半袖・短パンの服装において次の紫外線対策を行えば紫外線を大幅にカットする事が可能でしょう。

日焼け止めクリームの成分と効果

成分
一般的に紫外線散乱剤と紫外線吸収剤という2種類の成分で日焼け止めクリームは生成されてます。

紫外線散乱剤
→紫外線散乱剤は言葉の通り紫外線を反射・散乱させて皮膚を防御し、肌の上にUVカットのベールを巻くようなイメージです。

紫外線吸収剤
→紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出します。

紫外線吸収剤の成分や効果などを知って良い化粧品選びをしましょう

日焼けの効果を説明する時に必ず触れるのがSPF(=紫外線を受け止める量の強さ)とPA(=皮膚が黒くなるのを防ぐ強さ)です。

SPFの効果
紫外線を浴びた際に皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したもの。
数字が大きいほど紫外線B波(UVB)を防ぐ効果が高く、最大50+(SPFが51より大きい)と表示される。

日焼け止めをきちんと塗っていなければ表示されている数値どおりの効果を発揮させる事は出来ない。

塗り方が薄かったり塗り方にムラがある場合は充分な効果を得られませんので注意が必要です。

日焼け止めでよく目にするSPFって何?その数字は何を示しているの?

PAの効果
PAとはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略で、UVA防御指数とも言います。
UVA波の防止効果を表す指標であり、+の数が多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が高くなってます。

紫外線A波(UVA)はシミやシワの発生に大きく関わっているとされています。

波長が長い分肌の奥深くまで到達し、様々な影響を及ぼしてます。

雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でもしっかり紫外線A波(UVA)を防ぐ事が必要です。

日焼け止めに表記されているPAって何の事?PA値が高いと紫外線対策として有効なのか?

帽子

帽子は薄い色でもUVカット効果があるものがあります。

紫外線遮断率」を確認して遮断率の高いものを選ぶと間違いないです。

見た目重視よりも紫外線対策を重視するなら、やはり帽子のつばは広い方がいいです。

顔だけではなく首まで日光を遮ってくれます。

日傘

日傘は直射日光を防いでくれ、紫外線対策にはうってつけです。

内側が色白な日傘はアスファルトから紫外線が反射して日傘の内側からも紫外線を浴びてしまいます。

ですので日傘の内側の色にも気を付けましょう。

サングラス

紫外線は皮膚だけでなく、目にも影響を与えています。

急性の紫外線角膜炎、慢性の翼状片、白内障などの眼病の原因の一つとも言われてます。

目に紫外線を浴びない様にする為に帽子を被る事でおよそ20パーセントの紫外線をカットされると言われています。

また一般的に高機能とされている紫外線カットサングラスやメガネを着用する事で帽子を被った時よりも4倍以上紫外線をカット出来ると言われてます。

サングラスで紫外線対策!紫外線から目を守るにはどのようなサングラスが必要?

夏の紫外線を恐れない為に

ノースリーブの女性

今回は夏の紫外線対策を見て行きました。

紫外線対策で最も効果があるのは紫外線量が強い日中の外出を控える事ですが、実際はそんな事は難しいでしょう。

ですのでUV加工された服を着る、日焼け止め、帽子、日傘、サングラス、アームウォーマーなどの紫外線対策アイテムを活用する事が望ましいでしょう。

また服装についても見て行きました。

紫外線を反射させる明るい色の服より、紫外線を吸収する濃い色の服が良いですが、最も紫外線を遮断してくれる色は黄色の服です。

UV加工にも方法があり、紫外線吸収剤を繊維製造時に練り込む方法と生地に付着させる方法があります。

そして紫外線を対策に効果がある素材はポリエステル、ナイロン、カーボンなどの化繊素材であり、これらの素材は比較的紫外線を通さないとされています。

このように服の色UV加工の方法素材によって紫外線対策になる服とならない服がある事が分かりました。

夏本番になり、ますます紫外線によるダメージが心配になっていきます。

特に夏の紫外線ダメージは他の季節の紫外線より大きな影響を与えますので、紫外線対策を強化する事が大切です。

 

モテるを兼ねた紫外線対策の服装とは?女性・男性別のオススメとは?

何で紫外線対策ってダサい服が多いの?ダサくなる理由は?

おすすめの紫外線アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?