ランニングする時の紫外線対策とは?疲れにくくする方法とは何?

ランニングする女性 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

健康やダイエット、中には走ることそのことが楽しいなど、ランニングする理由は様々です。
しかし外で走るとき、お肌は紫外線の影響を受けているのです。
紫外線の対策を行なってより健康的なランニングを目指しましょう。

季節によって紫外線量はどう違う?

紫外線の中のランナー
肌や健康に影響を及ぼす紫外線の量は常に変化し続けています。

紫外線量の変化を知ることで健康と美容に役立ててください。

紫外線は夏に多いと思ってらっしゃる方が多いのでは?

もちろん夏に多いのは当たり前ですが、春も注意した方が良いのです。

春は冬の乾燥によって肌が弱まっているところにいきなり紫外線が増えるからです。

3月、4月、5月などもUVケアに注意したい季節です。

紫外線量とは、紫外線の強さと時間の長さを指します。紫外線の強さは1年の中で夏の6月から8月にかけてが最もピークです。

紫外線が強くなる時期や季節はいつ?

ランニングするときに紫外線対策ってしたほうがいいの?

 ランニングするにおいての紫外線対策は、ランニングする時間帯を考えるということです。
すなわち、紫外線が弱まる時間帯に走った方が良いということです。

紫外線は7月は6時前から強まり、12時をピークに18時頃に向けて弱まります。

 そのため朝の5時頃に走るか、夜の19時以降に走るのがオススメです。

とても簡単な紫外線対策ですね。

しかし、女性が夜に1人で走るのは危険が多いので男性限定という感じになってしまいますね。

それでは夜にランニングできない方の紫外線対策も説明しましょう。

 帽子をかぶる
紫外線は目から浴びるだけで皮膚を黒くしてしまいます。
帽子をかぶると目から浴びる紫外線量を少なくできます。

 サングラスをかける
サングラスも目から浴びる紫外線を防ぐことができます。
帽子に比べて目に対する紫外線を大幅にカットできます。
ただし、視力が弱い方はサングラスをかけるときにコンタクトにしなければならないので少し面倒ですね。

 ランニング用のタイツを履く
ランニングタイツは暑くなるため履きたくない方が多いでしょう。
しかし、紫外線対策をする意味ではUVカットができるタイツはおすすめです。

 首にタオルを巻く
首の周りは気が付くと黒くなっていたり、ヒリヒリしたりもします。
長く走るときは日焼け止めを塗っていても汗で落ちてしまうので、手ぬぐいやタオルを持っていると安心です。

 なるべく日陰を走る
なるべく公園内の木が多い日陰を走るようにします。
日陰は日向と比較しておよそ50%も紫外線の放射量が抑えられているので、できるだけ日陰を走りたいですね。

 アームカバーを付ける
腕の日焼けは注意しないと時計の形に日焼けのあとができたり、半袖の半端な部分に日焼けの線ができたりして普段着のときに格好悪いです。
男性はほとんど気にしない方が多いと思いますので、この方法は女性の方限定です。

以上です。

ジョギングする時におすすめのサングラスは?

ランニングのときに活躍するランニング用のサングラスというものが存在します。

ランニング用サングラスの主な効果は次の二つです。

  • 紫外線を防いで目や皮膚を守る
  • 疲れにくくする

それでは、これから詳しく説明します。

サングラスで紫外線対策!紫外線から目を守るにはどのようなサングラスが必要?

紫外線を防いで、目や皮膚を守る

ランニング用サングラスには紫外線を防いで目や皮膚を守る効果が期待できます。

紫外線と言えば日焼けなど皮膚から浴びるイメージが強いと思いますが、実は目の方がたくさん吸収されるのです。

ご存知なかった方も多いと思います。

皮膚なら長袖を着たり日焼け止めを塗ることで防げますが、目は日焼け止めを塗ることができません。

目に紫外線を浴びると白内障などの病気を招く原因になりかねないので、UVカットサングラスをかけた方が目に優しいです。

また、目から吸収された紫外線は皮膚にも影響を受けます。

そのため肌の黒ずみやシミを防ぐには皮膚だけではなく目も紫外線から守ることが適切なのです。

顔や腕はしっかり日焼け対策をしていてもサングラスはかけていなかった方も多いでしょう。

ですので、この機会にランニング用サングラスをかけて目の紫外線対策を取り入れてみてください。

疲れにくくする

ランニング用サングラスをかけるだけで疲れにくくなる効果も期待できます。

日光は刺激が強く、目が日光を受けると目が凄く疲れます。

さらに目が疲れると体全体にも疲れが出てきます。

ランニング用サングラスをかけていれば日光を防いでくれるので、疲れが和らいでパフォーマンスの向上につながります。

サングラスをかけながら走ると目が光に邪魔されないということで、集中して走れると言った意見も多いようです。

ランニング時におすすめのウェアはどんなのが良い?

ランニングウェアを選ぶ際にデザインはとても重要です。

しかし、走るときに生じる体の激しい動きに対応した機能性もランニングウェアには欠かせません。

それでは、機能性の良いランニングウェアについてこれから説明していきます。

生地はポリエステル

頑張って走ると当然汗をかきます。

汗をかいても快適にランニングを続けるために

  • 汗をどれだけ吸収してくれるかと言った吸水性
  • 汗を吸収した生地がどれだけ速く乾くかという速乾性
  • 温まった体に風を通してくれる通気性

この3つの機能がとても重要なのです。
この3つの機能性を全て満たす生地がポリエステルなのです。

ポリエステルは人工的に作られた合成繊維ですが、近年では技術が進歩して着心地の良いものがたくさんあります。

ランニングパンツは膝上のものを

ランニングをするときに履くパンツは裾が膝上にくるものが凄くおすすめです。

膝に引っかからないため走りやすく、裾が短いので空気抵抗も少ないからです。

また、トップスが半袖でも長袖でもシルエットがバランス良く見えるのもポイントです。

ランニングシャツとランニングパンツだけでシンプルに走るランナーも多くいますし、また、ランニングパンツも近年軽量化されていて、走りやすいものがたくさん売られているので試してみましょう。

ジョギングのときに日焼け止めクリームって塗った方が良いの?

日焼け対策と言えば真っ先に思いつくのが日焼け止めクリームです。

ランニングのときも日焼け止めクリームが欠かせません。

その際は汗で落ちにくいタイプの日焼け止めクリームを選びましょう。

ランニングのときに帽子はかぶった方が良い?

夏場のジョギングやランニングを快適に行うために注目のアイテムがランニングキャップです。

日焼けを防ぐためにプロ、アマ関係なくたくさんのランナーがランニングキャップをかぶっています。

そのため先ほども説明したようにランニングのときは帽子をかぶった方が良いでしょう。

紫外線対策に効果がある帽子選びの注意点

ランニングのときの紫外線対策で心がけること

ランニングするときに心がけたい紫外線対策は先ほども言ったように朝の5時に走るか、夜の19時以降に走ることです。

日中しかできない人は帽子をかぶったり、サングラスをかけたり、日焼け止めを塗ったり、首にタオルを巻く、ランニング用のタイツを履く、アームカバーを付ける、太陽の当たらない日陰を走ることなどを心がけてください。

ランニング時の紫外線対策まとめ

いかかでしたでしょうか?

紫外線の強さは夏がピークですが、春も十分に対策してランニングした方がお肌にいいのです。

そして、紫外線対策をするなら帽子やサングラス、日焼け止めは必需品です。

もし時間がとれれば朝早くに走るか、夕方になってから走るのもおすすめです。

あなたも、是非この機会に実践してみましょう。

 

ウォーキング時の紫外線対策は?オススメの時期や時間帯はいつ?

テニスをする時の紫外線対策は?テニスコートの紫外線量はどの位なの?

ゴルフ場での紫外線対策はどうすればいい?紫外線量はどのくらい?

紫外線対策におすすめのアイテムはコチラ
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?