敏感肌の特徴と原因から改善方法まで

青いスカートの外国人女性 美肌

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

「敏感肌」と一概に言っても具体的にどのような症状や原因があるか知っていますか?
また、自分が敏感肌かもと思っていながらも対策をとらずにそのままにしてしまっている方も少なくないと思います。
今回はそんな方のために敏感肌について原因や対策、正しいスキンケアを見ていきたいと思います。
敏感肌を改善して健康で綺麗な肌を手に入れましょう!

敏感肌とは?

敏感肌とは化粧品や洗顔料・紫外線といった「外からの刺激」に対して弱い肌のことです。
敏感肌でない方が使用して問題ない化粧品やケア用品でも、ほてり・かゆみ・痛み・かぶれといった症状が起きてしまうデリケートな状態です。

人によっては昨日まで使っていた化粧水が突然合わなくなることもあります。
洗剤や化粧品を使った時に肌が荒れてしまったり赤くなったり、衣服でピリピリしたなど普通の肌質の方よりも敏感な肌を一般に「敏感肌」と呼んでいます。

ストレスや食事環境、住んでいる環境の変化によって敏感肌の方が増えていますが、血液検査で「敏感肌です」と判断できる値が出てこないのが実際のところです。
しかし、敏感肌が増えてスキンケア化粧品・メーク用品も敏感肌用が開発・発売されるなどしています。

敏感肌になるのは花粉やアレルギーが原因場合があります。
アレルギー症状として鼻がむずむずしただけでも全身がアレルギーを発症しやすくなっていたり、身体のどこかに一箇所でも傷があると全身が炎症している状態なので身体中が反応しやすくなっています。

乾燥肌の状態だと肌のバリア機能が損なわれ外部からの刺激に反応しやすくなります。
化粧水が染みてしまったり髪が触れただけでもかゆくなったり、化粧水に含まれてる僅かなアルコールで赤くなってしまったりします。
間違ったスキンケアやアレルギー症状、または栄養不足の場合によるものです。
外部からの刺激で肌が乾燥したり敏感肌になってしまいます。

乾燥肌の原因から肌にいい食べ物まで!!男性でもできる保湿ケア!!
敏感肌の図

敏感肌の特徴としては顔の皮膚が刺激に対して反応しやすくなります。
化粧品を繰り返し使い続けたりすることで皮膚が赤くなったり、乾燥したり、かゆくなったり、ピリピリ痛くなったりフケのようなはがれが見られます。
こうした症状は「敏感肌体質」という何らかの原因を持った人に起こります。

ただし、敏感肌体質というだけで敏感肌の症状は出ません。
不規則な生活や疲労の蓄積、ストレス、皮膚への刺激などが加わって敏感肌の症状が起こります。
寝不足や不規則な生活なども肌の抵抗力を低くさせてしまいます。
肌に合っていない化粧品の使用であったり、髪に残っているシャンプー剤が肌に触れて過敏症が起こることもあります。
スキンケアや生活改善によって敏感肌は改善できます。

敏感肌とは少しのきっかけで肌トラブルになってしまうことを言います。
敏感肌の皮膚は水分を保つ能力が低下してしまっています。
皮膚の表面皮脂膜が十分でなく外部からの刺激に弱くなっています。

敏感肌はセラミドという角質層の全脂質の40~60%を占める成分で、細胞の細胞間脂質という物質が足りなくなっている状態です。
そのためバリア機能が低くなってウイルスやアレルゲンが入り込みやすく炎症した状態になり、少しの刺激にも敏感になります。

セラミドが多い食品とは?不足している肌の状態から増やす方法と一日の摂取量まで!!

敏感肌はアレルギーなど遺伝的なもの多いようです。
アトピーなどアレルギー体質の体は刺激物質が角質層の内部に入ってしまうと免疫機能が働き、その反応として皮膚が炎症を起こします。
敏感肌でない方なら反応しない物質や刺激や変化に対してかぶれたり赤かくなったりなどの炎症症状もより起こってしまいます。

そのきっかけとして、例えば洗顔やクレンジングなどで顔をこすり過ぎるといった物理的な刺激や、化学成分の強い石けんの使用などの化学的な刺激を同じように受けても、炎症やかぶれ、かゆみを起こす人とそうでない人がいます。
敏感肌の人は免疫機能が普通の人より過剰に反応してしまうために炎症やかぶれ、かゆみなどが起こってしまうことがあります。

敏感肌になる原因は?

間違ったスキンケア・化粧品・シャンプー・アレルギー・不規則な生活・栄養不足・乾燥など様々です。
不規則な生活ですと肌の抵抗力が落ちます。これは栄養不足にも言えることです。
敏感肌で一番多いのが乾燥してしまうことです。
乾燥すると肌のセラミドが減少してしまい水分を保てなくなります。
肌にとって、とても無防備な状態といえます。

吊るされているドライフラワー

アレルギー体質も肌が敏感になってしまいます。
近年では日本人の2人に1人が花粉症のアレルギーを持っていると言われ、アレルギー体質の方が増えています。
敏感肌だと思っている方が、よく調べるとアレルギーだったということもあります。

食物による栄養摂取とも深い関係があります。
皮膚にはバリア機能が備わっていて異物が入らないようになっています。
栄養不足で皮膚の表面の角質を繋ぎとめている物質間脂質(セラミド)がきちんと作られず、もろくなったりうまく形成されなかったりすると異物が入り込んでアレルギーを起こしやすくなります。

ターンオーバーも停滞状態になるので、ターンオーバーに必要な栄養素ビタミンAを積極的に摂って新しい皮膚を作るように心がけたいものです。
ビタミンAは緑黄色野菜や卵、レバーなどに含まれています。
また、皮膚に必要なのはたんぱく質、皮膚の保湿にはアミノ酸が重要な栄養素です。

肌状態の良し悪しは外側からのケアが占めるのは3~4割ぐらいです。
内側からのケアが50%以上を占めています。
肌が敏感な方も体の中のケアによって影響を受けていることがある場合があります。

敏感肌の原因は【間違ったスキンケア】【食生活・ストレス・睡眠不足】【ホルモンバランスの変化】【アレルギー・生まれつき肌が弱い】などにわかれます。

間違ったスキンケア

クレンジングと洗顔に2分以上かける
オイル・シートタイプのクレンジングを使う
洗顔料を泡立てない・ゴシゴシ洗顔する
化粧水を強い力でパッティングする
毎日パックやマッサージをする
間違ったスキンケアは肌内部の保湿成分を減少させてしまい敏感肌を起こしてしまいます。

食生活・ストレス・睡眠不足

バランスの悪い食事
昼夜逆転の生活
睡眠不足
過剰なストレス
肌に必要な栄養がいかなかったりしたり負担になると、どれも敏感肌をつくってしまいます。

ホルモンバランスの変化

女性は月経前後・妊娠中など、時期によって大きくホルモンバランスが変化したりします。そのことにより肌が敏感になります。

アレルギー・生まれつき肌が弱い

肌荒れな子供敏感肌は体質で引き起こされやすい肌質です。
生まれつき肌が弱いかったりアレルギー体質が原因かもしれません。
両親がアレルギー体質・食べ物、ほこりで蕁麻疹(じんましん)がでる・花粉症・過去に喘息になってしまったりしたという人は肌が敏感肌になっている可能性があるということもあります。

敏感肌の主な原因は肌の乾燥によるものです。
肌乾燥が続くと敏感肌になり肌のバリア機能が低下し、敏感になってしまいます。
外気の乾燥、急激な温度変化、大気汚染、花粉などのアレルギー源の影響や、エイジング、体質、病気などの影響で表皮の皮脂膜・角層の細胞内の天然保湿因子角質細胞間脂質(セラミド)のいずれかが減ってしまい、バランスが崩れてしまうことで起こってしまいます。
その結果、肌のバリア機能が崩れ、水分保湿のバランスが保てない状態になってしまいます。

肌の水分量を増やす方法とは?年齢別平均から上げる食べ物まで!!

冬や夏のエアコンで室内が乾燥・冬の静電気・ファンデーション選びの失敗などが乾燥肌の原因です。
セラミドの不足も肌の乾燥を促進し敏感肌を進めてしまいます。

肌の水分量は年齢が上がるにつれて減ってしまい、乾燥してしまうリスクを高めてしまいます。
年齢が上がるにつれて肌はだんだん薄くなってしまいます。

表皮を支えハリや弾力を保つ真皮層のコラーゲンやエラスチンの成分量が少なくなり、真皮層が薄くなると肌の弾力のもとが少なくなり表皮の細胞をつくる力も弱まってしまいます。
よって表皮の水分量が低くなり弾力が足りなくなってしまうのです。
肌が薄くなることで化粧品などの少しの刺激に敏感に反応してしまいます。
加齢によって誰もが敏感肌になるリスクが高まってしまいます。化粧を落としている女性不適切なスキンケアも肌を乾燥させてしまい敏感肌を起こしてしまいます。
そのうち一番多い失敗例が「やりすぎ洗顔」「やりすぎクレンジング」です。
強い成分の洗顔料やクレンジング料やこする力が強すぎたり、洗う回数が多いと肌の保湿に大切な皮脂、天然保湿因子、セラミドが過剰に流れすぎてしまいバリア機能を低下させてしまいます。

他に肌の状態に合っていない化粧品・ハンドクリーム・ボディソープ・シャンプーなども原因になる時も。刺激の少ないものを選ぶことが大切になってきます。頭の頭皮への刺激・脱毛も敏感肌になってしまいます。

紫外線はバリア機能やターンオーバーを崩し真皮や繊維芽細胞までダメージを与えます。
そのため敏感肌や肌の老化の要因にもなってしまいます。
紫外線は敏感肌だけでなくあらゆる肌トラブルに悪影響を及ぼすことを覚えておきましょう。
日焼け止め用の化粧品などを使いきちんと紫外線対策することが大切になってきます。

腸内環境

腸内環境が悪くなってしまい、その影響で敏感肌になってしまうこともあります。
人の腸内には「腸内フローラ」と呼ばれる微生物がおよそ1000種類います。
腸内細菌の総数は600兆個から1000兆個いると言われ善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分けられます。
健康な人の場合、善玉菌が優勢で約2割で1割が悪玉菌で残りの7割は日和見菌です。

大腸のはたらきの低下をはじめ、何らかの理由によって腸内のバランスが崩れてしまうと身体の免疫機能が低下し全身に悪い影響が出ることがあります。草原にトイレ腸内のバランスが崩れてしまう一つが便秘です。
便秘になると体外に排出されるべきものが体内に溜まってしまい、その便を餌にする「悪玉菌」が増えて腸内のバランスが崩れてしまいます。

その結果、活性酸素が発生します。
そうすると美しい肌の形成に深く関わっているビタミンB群の合成が阻害されます。
肌の老化などや肌荒れになってしまうのです。
便秘が長く続き腸内の環境が悪いまま過ごしていれば、敏感肌のリスクも高くなってしまうのです。

睡眠

睡眠不足も敏感肌やしみなどになる場合もあります。
ホルモンであるメラトニンは活性酸素を防いでくれる高い抗酸化力があります。分泌が多くなる9時から深夜の間に眠っていなければメラトニンの恩恵が減ります。
また、睡眠不足は眠っている間の肌を修復する成長ホルモンの分泌が不十分になってしまいます。
その結果睡眠不足で敏感肌の原因になってしまいます。睡眠に悩まされる図

日常生活

不摂生な日常の生活でバランスの悪い食生活や急激すぎるダイエット、喫煙、お酒の飲み過ぎなども乾燥や肌荒れの不調を引き起こし、それが続けば敏感肌になってしまいます。
シャンプー・毛染めなどのヘアケア製品、メイク製品、外用剤に含まれている化学物質も敏感肌の原因になってしまいます。

また、貴金属などの身に着けるものによるアレルギーなどにも敏感肌のリスクがあります。
自分の肌に合っていない成分をよく知っておきましょう。

敏感肌の改善方法は?

原因が様々な敏感肌ですが共通しているのは正しいスキンケアを行うことです。

正しいスキンケアのポイント

クレンジングは洗浄力の優しい「クリーム・ミルク・バームタイプ」がオススメです。
肌についてから40秒以内にすすぐのがよいです。
洗顔は余計な成分のない「固形石鹸」がオススメです。
ぬるま湯とたっぷり泡で、すばやく40秒以内に。
化粧水は高保湿で低刺激なセラミド配合化粧水がオススメです。手で温めて数回に分けて優しくつける。
保湿ケアは乳液より「セラミド配合美容液・クリーム」がオススメです。
より乾燥するときは「保湿クリーム」の重ね付けで。

いつものスキンケアも、少し気を付けると敏感肌のためのスキンケアになります。たっぷり泡立てた泡食事による栄養補給は肌にとても大切です。
不規則な食事時間・偏ったバランスの食事・大量のインスタント食品や清涼飲料などをの食生活が続くと敏感肌を引き起こす原因になります。
なるべく「同じ時間にとる」・「3食バランスのとれた食事」にすると敏感肌の改善につながります。

肌の抵抗力を高める食材
たんぱく質
赤身肉・乳製品・卵・魚など
ビタミンB2
乳製品・牛乳・納豆・レバーなど
ビタミンB6
赤身肉・魚・バナナ・小麦・大豆・ナッツ類など
カルシウム
桜えび・牛乳・乳製品・いわし・小松菜
糖分の取りすぎは皮膚の抵抗力を下げ肌の炎症を起こしやすいため、肌荒れが治りにくくなってしまいます。

保湿

ヒリヒリや赤みが治らない・強い痛みを感じる・吹き出物ができるなどは我慢せずに洗顔やスキンケアを控えてなるべく早く皮膚科に頼りましょう。
症状に合わせて塗り薬などを処方してくれます。

敏感肌を防ぐ基本は乾燥対策、つまり保湿です。
外側からの保湿を意識するのではなくて、身体全体の保湿を高めることが大切です。
基本は保湿と清潔、肌への負担を減らすことです。十分な保湿で敏感肌を改善しましょう。
敏感に傾いた肌は角質の水分量が低下して乾燥します。
重要なのは角質のバリア機能を高めるスキンケアです。鏡をみながらスキンケアをしている写真保湿といえば化粧水を思い浮かべる人が多いのですが、構成成分の大部分が水である化粧水だけでは不十分な場合があります。
十分な保湿のためには化粧水だけで敏感肌対策を考えずに、美容液や保湿クリームなど、他のタイプのエイジングケア化粧品との組み合わせを考えることが大切です。肌を清潔に保って敏感肌を予防・改善しましょう。

清潔な肌

肌の汚れやメイク、皮脂が残っていると肌の酸化リスクになります。
肌の酸化も敏感肌を進ませる原因の1つです。
汗が残っていても乾燥肌の原因になります。
さらに毛穴の汚れが残っていることも敏感肌になることもあります。

洗顔やクレンジングで毛穴の汚れを落とすことも大切です。
丁寧な洗顔やクレンジングで肌を清潔に保ち肌の負担を少なくして敏感肌を改善しましょう。
洗顔は摩擦を避けてしっかりと泡立てた泡で包み込むように優しく洗顔しましょう。

食事

バランスのとれた食事食事に気を配り敏感肌を改善しましょう。
美しい肌は食事による栄養摂取と深く関わっています。
皮膚はたんぱく質からできているので、まずはたんぱく質の摂取を心掛けましょう。
肉・魚・卵・乳製品などをバランスよく摂るようにしたいです。

便秘も肌荒れ・敏感肌になるので、便秘をなくして便通をよくする食べ物を摂ることが大切です。
便秘改善には食物繊維の摂取が不可欠です。
また、腸内環境を改善する乳酸菌を多く含むヨーグルト・漬物・チーズなどの発酵食品の摂取も大切です。

ストレス発散

過度な精神的ストレスを防ぐことも敏感肌の予防になります。
趣味を楽しむことや適度な運動で軽く汗をかくことがストレス軽減に有効です。
また、笑いも美しい肌をもたらす敏感肌対策の1つなのです。

スキンケアの見直しで美肌に

今回は敏感肌についてまとめてきました。
敏感肌は外からの刺激に弱くデリケートになっている状態で、その人の生活習慣やスキンケアの仕方によっては誰もが発症してしまう可能性があるということが分かりました。
しかし、そんな敏感肌も日々のスキンケアや生活習慣の見直しで十分改善できます。

  • スキンケア用品は刺激の少ないものに変え、優しく洗うようにする。
  • 乾燥してしまわないよう保湿をしっかりとする。
  • いつも清潔な肌を心掛ける。
  • たんぱく質を軸とした栄養バランスの良い食事を摂る。
  • ストレスはなるべく溜めないようにする。

以上のことをまずは意識してチャレンジしてみましょう。
たくさんの原因や対策をまとめてきました。
敏感肌でお悩みの方のお役に立てれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

洗顔後に肌がつっぱる原因と乾燥肌に効果的な化粧水とは?

『男性・女性のニキビ肌ケア』10代思春期と20代大人は違う!!

20代30代からの混合肌スキンケア~洗顔の順番をしっかり解説

花粉症対策はコチラ
花粉症対策スプレーは『ナチュラルハーブレスピレーション』がおすすめ

おすすめのスキンケア用品はコチラ
『アプリアージュ薬用オイルs』肌のブツブツやザラザラ感を解消!

市販おすすめコラーゲン『Ⅲ型ビューティードリンク』