たるみの原因と改善に効果的な食事でハリのある肌にするためには?

桟橋に座る青いドレスの女性 美肌

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

シワやシミに加えて年齢を重ねるごとに気になるのが肌のたるみではないでしょうか?
鏡を見て下がってしまった肌を見ながら深くため息をつく人も多いかと思います。
そこで今回は何故肌がたるんでしまうのか、肌がたるんでしまう原因・要因、肌がたるんでしまう前の前兆、たるみを改善させる方法、効果的な食品をそれぞれ見ていきたいと思います。

肌のたるみとは?


肌のたるみとは年齢を重ねる、顔の筋肉が衰える、肌のハリや弾力が弱くなるなどによって肌が伸びきってしまい、結果たるんでしまいます。

特に加齢による老化はたるみを形成する主原因とされており、いかにして肌の老化スピードを遅らせるかが〝たるみ〟対策を行う上で一番のポイントではないでしょうか。

顔のたるみは30代~40代の方の悩みというイメージがありますが、近年では不規則な生活からリンパの流れが悪くなり20代ですでにたるみが進行している方もいらっしゃいます。

放置しておくとたるみはどんどん酷くなる一方ですから、肌のたるみに気付いたら出来るだけ早く改善に向けて行動を起こすようにしたいものです。

肌がたるんでしまう原因とは?

頬づえを付く老人の外国人

肌の弾力が低下する

真皮内でバネの様な構造をしていて、肌のハリを支えているエラスチンやコラーゲンの質が変わってしまい、肌の弾力が失われてしまいます。

エラスチンとはゴムのように伸び縮みし、肌に弾力を与える役割をします。
コラーゲンとは繊維状のたんぱく質で骨や皮膚に存在し肌のハリをキープします。
この他にヒアルロン酸の減少も肌のハリが失われる事になり、たるみに繋がります。
ヒアルロン酸とは水分を蓄えるゼリー状の物質であり、肌のハリや潤いを保ちます。
エラスチンやコラーゲンは年齢を重ねると共に自然に減っていきます。

それに加えて日々の生活で受ける様々な影響によって蓄積された肌へのダメージが肌のハリを失う原因になります。

皮下脂肪の肥大化

皮下脂肪は脂肪組織の大体を占めていて、エネルギーを貯蔵したり、保温したりします。

この皮下脂肪が年を取る事で代謝機能の衰え、皮下脂肪が肥大化してしまい、重力の影響によって下方向へと落ちてしまいます。

筋肉の質が低下する

ピンクの服を着た笑顔の女の子
顔の筋肉は手足の筋肉とは違い骨ではなく直接皮膚にくっついている為、細かな表情を作ることが出来ます。

加齢に伴い腕や足の筋肉が衰えてしまう様に顔の筋肉も徐々に衰えていき、その上にある皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなってしまいます。

顔の筋肉は全部で30種類以上存在し表情筋と総称されます。

その表情筋も大きく分別すると表層筋と深層筋の二つに分けられます。

表層筋は比較的皮膚に近く浅い部分にある筋肉の事であり、深層筋は骨に近く深い所にある筋肉の事です。

表情筋が衰える要因
表情筋をあまり使わない
顔の表情は筋肉によって作られています。

また瞬きや口の開閉なども表情筋を使っています。

しかし日常生活の中で使っている表情筋は全体の30%程と言われています。

他の筋肉と同じで表情筋も使わないと衰えていきますので、日常の中で表情を豊かに表情筋を動かすと良いです。

糖化する

「糖化」とは体のタンパク質と体の中に入った糖が結合して変性し「AGE」という老化促進物質になる事を言います。

食べ過ぎ、甘い物や炭水化物などの糖質を摂り過ぎると、体に余分な糖が増えてタンパク質と糖が結合しAGEが生じてしまうという流れで糖化が起きます。

次に糖化するとどうなるかと言うと、真皮を支えている繊維成分のエラスチンとコラーゲンはタンパク質でできています。

このタンパク質の繊維がしっかりと支えている事で肌のハリや柔らかさが保たれていますが、ここにAGEが入り込むと本来の柔軟性や弾力が失われると言われており、そして肌がたるむと言う事です。

猫背などによる悪い姿勢

猫背などの姿勢も顔のたるみに影響します。

猫背になると背中が丸まるだけでなくアゴを前に突き出した姿勢になります。

実際に背中を丸めてアゴを突き出した姿勢をしてみるとお分かりかと思いますが、この状態だと首の後ろの部分の筋肉が縮んでしまい、そして頭の後ろにある筋肉や顔全体が下へ引っ張られてしまいます。

スマートフォンを操作している最中やデスクワーク中の時など猫背でアゴを突き出した姿勢になっている事が多いかと思います。

以下の項目が当てはまる場合は猫背の可能性があると考えられます。

チェックしてみよう!
アゴを引くと二重アゴになる
頭痛や肩こりの自覚症状がある
椅子に座る時の楽な姿勢はお尻を前にずらして背もたれに寄り掛かった状態
座る時に足を組む癖がある
立った時に背中よりもお尻が前に来る
寝る時は高い枕が楽
スマートフォンを見る時顔が俯く
机に向かうと知らない内に前屈みになっている
ハイヒールをよく履く
頬杖をつく

たるみを引き起してしまう要因

地上から雲と太陽が見える写真

外的要因

乾燥

肉眼では見えませんが肌の内部に存在する水分を常時蒸散させています。

気温が低下する、湿度が低下する、加齢、紫外線などの原因で肌が乾燥すると肌の表面(表皮)の保湿力や抵抗力が低下して、新陳代謝(肌の生まれ変わり)が乱れて、肌のハリが失われます。

洗顔後に肌がつっぱる原因と乾燥肌に効果的な化粧水とは?

紫外線

紫外線が真皮のエラスチン、コラーゲン等を破壊してしまい肌の弾力がなくなってしまいます。

紫外線は波長の長さによってUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)に分別されます。

UVAは紫外線の中で一番波長が長く、雲やガラスも通り抜けます。

3分の1から半分の量の紫外線が真皮にまで達して、真皮の中の繊維(エラスチンやコラーゲン)にダメージを与えます。

よって周りの細胞にメラニンが沢山送り込まれたり、既存のメラニンが酸化してサンタン(皮膚の色が黒くなること)が起きます。

UVBはUVAと比べると皮膚に対する刺激が強く、肌の表面に作用してサンバーン(皮膚の炎症)を起こします。

ストレス

様々なストレスを抱えている女性
ストレスとは不快な刺激(ストレッサーと言う)が加わって心身に負荷が掛かった状態を言います。

強いストレスを受けるとストレスホルモンが分泌されて血管が収縮したり、基底細胞増殖力の低下や免疫機能の低下などが起こってしまい、肌のターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能まで低下してしまいます。

ストレス状態が長続きすると肌の機能低下が起こり、肌荒れに繋がります。

内的要因

活性酸素

酵素が体の中に入ると「活性酸素」に変わります。

活性酸素は本来ウイルスなどから身体を守ってくれる物質ですが、細胞を錆びさせる酸化という働きをします。

この活性酸素が真皮のコラーゲンなどの繊維や繊維芽細胞にダメージを与えてしまい、細胞を老化させてしまいます。

生活習慣要因

栄養不足

全部の細胞生成に関わりコラーゲンを生成する材料にもなるたんぱく質や、コラーゲンの合成や新陳代謝を促進するビタミン、ミネラルなどが足りなくなってしまうと肌の代謝が滞り、皮膚機能をキープ出来なくなるので肌が荒れやすくなります。

睡眠不足

眠っているフレンチブルドッグ
睡眠中には皮膚細胞を構成するたんぱく質の合成が盛んになり、細胞に栄養を与えて、肌のダメージを修復する「成長ホルモン」が分泌されます。

睡眠不足が続くと睡眠中に行われる肌の新陳代謝が思うように進まず、栄養、酸素、老廃物の交換が滞り、たるみに繋がります。

喫煙

タバコを吸ってしまうとタバコに含まれているニコチンが血管を収縮させ血行を阻害するので、栄養素や酸素が皮膚に運ばれにくくなって、皮膚の働きが衰えます。

またタバコは体内に沢山の活性酸素を発生させ、一服する事で20~100mgの体内のビタミンCを失います。

コラーゲンの生成を促進したりメラニンの生成を抑制する働きがあるビタミンCが喫煙によって壊されるとシワやたるみが生じて、肌のツヤがなくなってしまいます。

たるみの前兆は?

たるみの前兆として目尻や目元に細かいシワが出てきます。

また目の下にクマが出来たり、鼻から口に向かって縦のシワが出てきたら注意して下さい。

たるみの症状は最初にこのようなシワがいっぱい出てきます。

シワが発生した後はたるみが生じるので細かいシワが出てきたら注意して下さい。

少しのシワだからと言って放っておくとどんどん顔がたるんでしまいます。

体の他の部位に比べて顔のシワは早い段階で発生します。

加齢も原因の一つなのですが顔は露出しているので紫外線の影響を受けやすく、顔以外の部位よりも早くシワが出来やすいです。

肌のたるみを改善させる方法とは?

パソコンと手帳にメモをしようとしている人

正しい姿勢で肌のたるみを予防・改善

パソコンを使った長い時間のデスクワークやスマートフォンなどの日常的な使用で首を前傾した姿勢をとる人が増えています。

そのような姿勢が首から肩への筋肉を緊張させて、肩こり、首こりを起こします。

筋肉が膨張すると血流やリンパの流れが阻害されて肌細胞に重要な酸素や栄養などが届かなくなってしまい、肌のハリが低下し、たるみの原因になってしまいます。
その為、意識的に筋肉の緊張を緩めてあげる事が重要です。

パソコン作業をする際はたまに首や肩をゆっくりと回してみたり、肩と反対側の手の平で後ろから前にゆっくりと擦ってあげるのも効果的です。

もちろん時々席を立って歩いてみたりする事も血流の滞りを防ぐにはいい方法です。

また移動中の車の中ではスマートフォンを触れる事ばかりではなく、時々背筋をピンと伸ばして窓の外の風景を眺めてみるのもいいでしょう。

できるだけ遠くの方を見る事も目の緊張を和らげる効果があります。

日常的に色々な場面で「姿勢を正す」事を心掛けてみましょう。

ついつい楽な姿勢をとりがちですが、気が付いたら背筋を伸ばすことを意識しましょう。

肌のたるみだけでなく身体全体の筋肉を鍛える事にも繋がり、代謝もアップして一石二鳥です。

普段私達はだらっとした格好が楽な姿勢と勘違いしていますが、実は正しい姿勢が体にとって一番楽な姿勢だという事に気付くと思います。

スキンケアにより肌のたるみを予防・改善

加齢によるコラーゲンが減るのを補う為にコラーゲンを増やす効果のある「レチノール」配合の美容液を寝る前のスキンケアに取り入れる。
使い続ける事により次の朝、ピンとしたハリのある肌へ導きます。
レチノールは紫外線に弱いので夜に使いましょう。
ビタミンC誘導体Lーアスコルビン酸にもコラーゲンを増やす効果があります。
こういった成分を含んだ美容液を使う事もたるみを防ぎ、肌のハリを保持するのに効果的です。
乾燥による肌のたるみを防止するには毎日のお手入れでの保湿が基本です。
肌の角質層の隅々まで浸透する様に分子が小さく、保湿成分が沢山配合された化粧水で十分な保湿をして下さい。

顔のたるみはマッサージで改善できるか?

美顔ローラーと花
顔のたるみを改善する方法としてフェイスマッサージを思い浮かべる人が多いと思います。

リフトアップの効能があると言われたスキンケア製品によるお手入れやリンパマッサージを毎日やっていると言う人も多いでしょう。

また最近は多くのマッサージ方法やローラーや美顔器などの器具も口コミで人気です。

それではこれらを使った顔のマッサージは顔のたるみを改善する事に効果が期待出来るのかと言うと、手や美顔器によるマッサージは顔のたるみ改善やリフトアップの効果は見込めないという考えが多くなってきています。

逆に強い力でマッサージすると肌の組織にダメージを与えてしまい、たるみが悪化したり、色素沈着などの肌トラブルを招く恐れがあります。

しかし全部のマッサージが悪いわけではなく、リンパや血行を良くする目的で行うマッサージは新陳代謝を促進する効果があるという見解もあります。

表情筋を鍛えるエクササイズの効能とは?

フェイスマッサージによる顔のたるみを改善できる効能はほとんど見込まれない一方、表情筋を強くする顔の運動では顔のたるみを改善する効能があると言う見解が多いです。

「顔がたるむ原因」でも説明しましたが顔がたるむ原因の一つとして、皮膚や皮下組織を支えてくれる為の筋肉の衰えが理由です。

全身の筋肉と同じで表情筋もトレーニングすれば鍛える事が出来ます。

普段は全体の30%程しか使わないとされる表情筋もちゃんと動かす事で、皮膚などをちゃんと支えられる様になると考えられます。

または表情筋を動かすエクササイズを行い、血行やリンパの流れを良くする事でたるみにくくなるとも言われます。

すぐに出来る簡単なやり方として次のような方法があります
鏡を見ながら背筋を伸ばしてアゴを引く
口角を引き上げて自然な笑顔を作る
その状態をキープする
この3つだけでも口元のたるみの改善に効果的だと言われています。

表情筋を鍛えるエクササイズは毎日続ける事が重要です。

気が付いた時やお風呂に入っている時などに出来るタイミングで毎日続ける事がおススメです。

しかし顔のエクササイズはやり過ぎはダメです。

たるみを改善する為に顔に筋肉をつけるという趣向で顔のエクササイズのやり方を教える本やDVDが沢山出ています。

これを読んでいる方の中にも顔のエクササイズやローラー美顔器を使ったりなど何らかのマッサージをしている人も多いと思います。

しかしマッサージのやり過ぎややり方を誤ると顔の薄い部分の皮膚を伸ばしてしまい、シワやたるみに繋がり逆効果になるという事もあると言われています。

やる場合はプロの方に任せた方が賢明でしょう。

実は筋肉を鍛えるというよりもリラックスする事が重要です。

もしマッサージを自分でやるなら顔ではなく、首から肩へ、耳たぶを挟んで首へ、後頭部の髪の生え際から鎖骨へなど、手の平で優しく撫で下ろす様にそれぞれ鎖骨の窪みへリンパを流してあげるやり方がたるみやむくみを改善するには有効だそうです。

たるみに効く食べ物とは?

肌のたるみに効く食べ物
大豆イソフラボン
→納豆・・・マグロなどに含まれているビタミンEと組み合わせる事により更に肌に効果的です
ビタミンA
→ピーマン・菜の花・ほうれん草・レバー・にら など
ビタミンB1
→豚肉、そば、玄米
ビタミンB2
→納豆・たまご・うなぎ・ししゃも・チーズ など
ビタミンC
→レモン・キウイ・いちご・グレープフルーツ・大根・カリフラワー など
タンパク質
→鮭・鶏肉・たまご など
コラーゲンを増やす効能
→ゆで卵の薄い膜
ポリフェノール
→玉ねぎ・明日葉・りんご・ぶどう・ブルーベリー・緑茶・赤ワイン など
むくみやたるみの改善
→きゅうり
コラーゲンドリンクやサプリメントを飲んでもそれらが肌に直接届くわけではないです。

摂ってはいけない事はないですがなるべく食事から摂るのがお勧めです。

花粉用マスクだけじゃ防げない肌荒れの予防対策方法は食べ物から見直そう!!

 たるみのないハリのある肌を

頬に手が触れている長い髪の女性
今回は肌のたるみにスポットを当てて見ていきました。

肌のたるみを引き起こしてしまう原因として、真皮内の肌のハリを支えているエラスチンやコラーゲンの質が変わってしまい肌の弾力が失われてしまう、皮下脂肪が年を取る事で代謝機能が衰えて皮下脂肪が肥大化してしまい、その結果重力の影響によって下方向へと皮下脂肪が落ちてしまう、加齢に伴い顔の筋肉も徐々に衰えていき、その上にある皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなってしまう、体のタンパク質と体の中に入った糖が結合して変性しAGEという老化促進物質がタンパク質の繊維に入り込んでしまい本来の柔軟性や弾力が失われて肌ががたるんでしまう、猫背などによる悪い姿勢で肌がたるんでしまう事を挙げました。

また肌がたるんでしまう要因として大きく「外的要因」・「内的要因」・「生活習慣要因」の3つがあり、「外的要因」には乾燥とストレス、「内的要因」には活性酸素、「生活習慣要因」には栄養不足、睡眠不足、喫煙が関わっている事が分かりました。

たるみの前兆として目尻や目元に細かいシワが出てきて、また目の下にクマが出来たり、鼻から口に向かって縦のシワが出てくるなど小さな変化が前兆として起きます。

この前兆を見逃さない事がたるみ対策の一歩でないでしょうか。

肌のたるみを改善させる方法として正しい姿勢をする、意識的に筋肉の緊張を緩めてあげる、コラーゲンを増やすとされる美容液をスキンケアに取り入れる、リンパや血行を良くする目的で行うマッサージは新陳代謝を促進させる、表情筋を鍛えるエクササイズは毎日続けるなどの事を挙げました。

また食事の面でもたるみに効く食べ物と栄養素を挙げ、大豆イソフラボン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、たんぱく質、ポリフェノールなどの栄養素を含んだ食品を出来るだけ摂取してたるみ対策を行いましょう。

顔のたるみを予防するにはまず原因を知る事が第一歩ではないでしょうか。

そして原因が様々である事はご理解いただけましたでしょうか?

原因を知りその原因にあった予防や対策を行う事が少しでもたるみを気にする事のない日々を送りたいものです。

たるみのないハリのある肌を手に入れましょう!

食事・飲み物で美肌を作りたい方はコチラもどうぞ
肌が老化する仕組みから防止・予防対策できる食べ物は?

【ニキビなし美肌】おすすめな水の種類・分量から飲み方など!

※『肌の酸化は治すことはできない』食べ物やオイルで原因から防止

おすすめのスキンケア用品はコチラ
即効性のあるプチプラ『リフトアップクリームrosy』でたるみに絶大効果!

忙しいワーママ必見のプレミアエッセンス

ひどい妊娠線や肉割れができない方法はない?予防はこのオイルで!

自分の肌をしっかり確認したい方はコチラ
無料肌診断はどこでできるの?おすすめのコスメカウンターの内容は?

血管や目の色から肌のブルーベース・イエローベース診断!!似合う色の服を見つけましょう!!

【男性の肌診断】男性の肌ってどういうもの?

『肌の色の違い』グリーンベース・ピンクベースからパーソナルカラーの確認方法とは?

ネット(web)で自分でできる無料肌診断から結果で解るスキンケア方法まで!!