シミやそばかすを隠すにはどんなメイクを?シミ・そばかすを隠すメイク方法とプチプラコスメを教えます!

手鏡を見ながら真剣に化粧下地を塗る女性 そばかす

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

そばかすを敢えて残す以外の時、シミ・そばかすはメイクで隠してしまいたい人も多いのではないでしょうか。
シミ・そばかすを上手に隠すにはどうしたら良いでしょうか。
シミやそばかすと向き合うためにもメイク方法をご紹介させていただきます。

シミ・そばかすを消すメイクの基本手順

シミ・そばかすを消すメイクは下地作りからが基本です。

下地作りのメイク
  1. 頬とおでこに発光感を高めてくれるツヤ系の下地(分量はボタン1個分くらい)を少量載せて毛穴を埋めていくように多方向からなじませつつ塗りこんでいきます。
    小さなシミ・そばかすには密着性に秀でたペンシルタイプのコンシーラーを使用しましょう。
    また、シミ・ニキビ跡には隠したい部分よりも広めにコンシーラーを塗るとより自然に隠すことができます。
  2. 肌に塗ったコンシーラーの縁を指で境目をぼかし、その後パウダーファンデーションで仕上げれば十分です。
    但し肌の色に合わないコンシーラーや質感に光沢の薄めのコンシーラーは、塗った部分の色が浮いた感じになりますので避けましょう。
小さいシミ・そばかすはペンシルタイプのコンシーラーで軽く叩くようにして、自然な感じに埋めるようにするのがコツです。
気持ちとしてはグイグイと塗りこみたくなりがちではありますが、それだとかえって厚塗りになり逆に変に目立ってしまいます。

ベースメイクでシミ・そばかすを隠して素肌をキレイに!効果的なスペシャルケア商品もご紹介!

目立つそばかすだらけの人にはこんなメイク

前の項目でシミやそばかすを消す基本手順を記載しましたが、今度はもう少し掘り下げてシミやそばかすを隠すメイクを取り上げていきたいと思います。

化粧品の選び方のコツ

  1. コンシーラーは少々固めのスティックタイプがおすすめです。
    それを直塗りして指で叩き込む事で肌に馴染み密着してそばかすをカバーしてくれます。
  2. もちろんメイクの最初の工程となる下地作りは極めて重要で、顔色の調整の利くカラーコントロール効果のある化粧下地の使用がオススメです。
  3. ファンデーションは液状のもの、より具体的に言うと肌に密着性の高いリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使ってください。
    テクスチャーも軽めの物からしっとり感の強い物まで幅広く発売されていますよ。
    それとご自身の肌色よりも1トーンぐらい暗い色を選びましょう。
  4. また、BBクリームの活用も有効です。
    元々は肌の傷隠しのための薬としてドイツで開発されたものですが、今は化粧品として幅広く様々な役割を果たす便利アイテムの一つです。
顔に丁寧にファンデーションを塗る女性

使いこなしのコツ

全体に言えることは、それぞれの商品の指定量を守って使うのが使いこなしのコツと言えます。

コントロールカラーを使いこなす

コントロールカラーは化粧下地の後に使用するのが一般的です。
しかし、近年は化粧下地の役割を持つタイプやコンシーラーのようなコントロールカラーも存在します。

コントロールカラーにはさまざまな色味がありますが、濃いシミやそばかすに適した色はオレンジです。
それを適量分使いましょう。
この場合平均使用量は、顔全体でもパール1粒程度・部分使いだと小豆粒1/2程度となっています。
不足したときは少量ずつ付けていって下さい。

コントロールカラーで隠せなかった場合は、次の項目のコンシーラーを参考にしていって下さいね。

コンシーラーを使いこなす

コンシーラーの場合
  • そばかすの数が多く範囲が広い・目元等良く動く部分にあるそばかす
    →リキッドタイプのコンシーラー
  • 目立つそばかすが頬中心で数は多くないそばかす
    →スティックタイプ・ペンシルタイプのコンシーラー
このような使い分け方が有効です。
使う時はブラシを使いましょう。
ここでも叩き塗りしながら、厚塗りしないように気をつけて塗りましょう。

ファンデーションを使いこなす

コンシーラーの使い方をマスターしたところで、今度はファンデーションの使い方を学んでみましょう。

  1. 気になる部分にリキッドファンデーションを乗せる
  2. リキッドファンデをブラシで内側から外側に伸ばすように、肌になじませる
  3. それでも気になるようだったら、もう一度リキッドファンデを乗せてポンポンと叩く
  4. 仕上げにパウダーファンデーションを薄く乗せて完成!
リキッドファンデはそばかすの気になる部分に乗せるのがポイントです。

しかし、単にそばかすを隠すだけのメイクに固執せずに、そばかすを自分の個性に出来るやり方もあります。
アイシャドウやチーク、リップをオレンジ系にしてそばかすの良さを強調してみるのも一つの手段としてはアリです。

そばかすある人は魅力的!そばかすを活かす美人顔になれるメイクとオススメコスメもご紹介します!

シミ・そばかすを隠すプチプラコスメ

肌色スティックタイプのコンシーラースティックタイプ・パレットタイプのコンシーラーは広範囲のシミ・そばかす隠しに有効ですが、それらはドラッグストア等で安価で入手することが可能です。

これ以外にも美白化粧水・保湿クリーム・クレンジングオイル等の製品も¥1000~¥2000前後からの金額の物を選択する事で十分な効果が期待できます。

但しこれには毎日の肌のお手入れがきちんと行われている事が前提条件です。

毎日のお手入れとは
現在通販サイトで話題の商品の一例を挙げますと、楽天市場で取り扱われております以下の商品があります。

トミーリッチ そばかす隠し

トミーリッチ そばかす隠し
  • メーカー名:ハイリッチ
  • 商 品 名:トミーリッチ そばかす隠し
  • 価   格:¥2,800(税込)

単にそばかすを隠すのではなく積極的にそばかすの発生を防ぐファンデーションで、薄めに塗っても強力なカバー力を持ち肌に重苦しさを感じないことが特徴です。

内容成分も合成の紫外線吸収剤や石油系鉱物油といった肌トラブルの原因となる物質を使わず、安全面にも配慮がされています。

メラノCC薬用しみ対策 美白化粧水

ロート製薬メラノCC薬用しみ対策 美白化粧水
  • メーカー名:ロート製薬
  • 商 品 名:メラノCC薬用しみ対策 美白化粧水
  • 価   格:¥1,122(税込)

顔全体に潤いを与えてシミ対策が出来る薬用美白化粧水です。
人気美容ブロガーも高得点を付けました。

メラノCCは登録商標でシリーズ化されており、化粧水からマスク・美容液・クリームと使っていくとより高い効果が期待できます。
また、化粧水には詰替え用も用意されていますので、環境への配慮もされていると言って良いでしょう。

シミ・そばかすを消すにはどんな成分がいい?ドラッグストアで買えるプチプラ化粧水をご紹介

100均コスメでシミ・そばかすを隠す

左手に美容液を垂らす女性100均コスメでもシミ・そばかす対策は十分可能です。
充実した商品群はシミ・そばかすへのカバー力も十分あると言っても良いでしょう。

通常美白化粧水美白クリーム美白美容液を全て使おうと考えると数万円は見込まれるところが、ほぼ同じ効果で¥300程度のコストで済むのであれば100均のを使おうと考える方もいらっしゃると思います。

ということで、大手100均チェーン(ダイソー・セリア)のシミ・そばかす対策商品の具体例をいくつか紹介していきます。

ダイソーの100均化粧品

まずはダイソーの化粧品から説明致しますとダイソーは「薬用美白シリーズ」というラインナップを10年位前から展開を始めました。
この商品は薬事法上の分類では「医薬部外品」とされその成分の表記が義務付けられているのです。

具体的に配合されている成分としては、水溶性プラセンタエキスやグリチルリチン酸カリウムといったシミ・そばかすを防いで美白する、ニキビなどの肌トラブルを改善する効果を持つ動植物由来の美白成分から作られています。

しかも、安心の日本製ということでお使いになられた方の評価も上々で、口コミでもその使用感の良さに高評価の声が続々と挙がっています。
この他にもローヤルゼリーを使った美容液や濃密美容液シリーズ(4種類)も、100円とは思えない高い効果が出ています。

このようにダイソーの化粧品の口コミを見ていると本当にいいものばかりでした。

ただし肌のタイプは人それぞれなのでパッチテストをしてからの使用をお勧め致します。

セリアの100均化粧品

続けてセリアのシミ・そばかす対策商品です。

コンシーラー

口コミ評価が高いものとしては、ATクリーミーコンシーラーで気になる部分をしっかりとカバーします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ᴍ ᴀ ᴋ ɪ(@_____iremk)がシェアした投稿

これと並んで人気が高い商品はATさらさらコンシーラーです。
こちらはパレットタイプで塗った際のべたつき感がなく、サラッとした仕上がりになるのが特徴です。

ペンシルタイプのものとしてはATWペンシルコンシーラーがあり、繰り出し式でそのままで使えるので便利です。

化粧水

また化粧水では「絹肌物語シリーズ」が口コミでも高い評価を受けています。
「しみこむビタミンC」はニキビなどの肌トラブルやシミなどに効果が期待できます。
この他にも「絹肌物語シリーズ」の中で一番潤いを感じたという口コミのあった「ヘチマ化粧水」はお肌のキメを細かくし肌荒れ等のトラブルを防ぎます。

これ以外にも豆乳イソフラボン配合の「豆乳イソフラボン化粧水」があります。
こちらはお肌の保湿コンディションを整えてくれる物質が配合されています。

他には「絹肌物語」もセリアの美白化粧水としては、多くの方からの支持を集めています。
単に値段が安いからではなくてきちんとしたお肌への実感から選ばれているという印象です。

シミやそばかすはコンシーラーで隠そう!おすすめのコンシーラーもご紹介!

皆様も上手なシミ・そばかす対策を

シミ・そばかすを完全に除去するのであれば、保険適応外の美容クリニックでレーザー治療等の外科的治療を受ける事でそのかなりの部分を物理的に消去することは可能でしょう。

そばかすは遺伝による先天的なものが多く、セルフケアによって除去することは難しく確実にこれを消すためには皮膚科での治療が避けられません。
しかしながら、そばかすをこれ以上濃くしたり増やさないためには以下のような手段が挙げられます。

そばかすを増やさないために
以上の事で一定の効果が期待できます。
そのセルフケアの1つとしてメイク方法を挙げました。

化粧下地・コンシーラー・ファンデーション・BBクリームなど現在、いろいろなアイテムが販売されています。
どうか納得のいくまでご自身の肌やシミ・そばかすに合うアイテムを探してみて下さい。
ただし、ただ隠したい!と思うだけでなく、敢えてシミやそばかすを生かす方法もアリですよ!

 

シミ・そばかすを消したい!シミやそばかすのメカニズムとその改善方法まで

シミ・そばかすを予防して輝く美肌になりたい!その方法とは何?

おすすめのそばかすアイテムはこちら
ホワイピュア薬用美白クリームでシミ・そばかすをシャットアウト!!

口コミからみる『氷の微笑クールファンデーション』の特徴は?夏場にピッタリで崩れにくい!

高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベースの口コミと500円モニターとは?