年齢を重ねても健やかな肌へ!40代、50代でもニキビは出来るその原因と対策とは

ジャケット姿のミセス会社員がファイルでチェックしているとこ ニキビ

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

今回は「40代、50代でもニキビは出来る」その原因と対策と題しまして、更年期ニキビの事についてご紹介させていただきます。
皆様のお悩みが少しでも解消されますようにご参考になれば幸いです。

若い頃のニキビと40過ぎのニキビの違い

40代で繰り返すニキビは大人ニキビと呼ばれていて思春期のニキビとは違ったものです。
なので、若い頃にできていた思春期ニキビとはニキビ対策が違ってきます。
大人ニキビは何度も繰り返す上に放っておくとシミの原因にもなります。

40過ぎてからできるニキビ

40代になって今頃なぜ顔にポツポツができてしまったのか、不思議に思ったりもしますよね。
青春時代にニキビに悩んだ方も、そうでない方も若い頃のようなモッチリとしたスベスベの肌になりたいと願っています。

では、40代から出来てしまうニキビにはどんな特徴があるのか見ていきたいと思います。

40代のニキビの特徴
  • 口やアゴ周りによくできる
  • 生理前になると出来やすい
  • 乾燥してカサついている
  • 繰り返しできる
  • 治るのに時間がかかる

以上のような特徴を持っています。

これらは10代に出来ていたニキビとは少し違います。
思春期ニキビは、主に顔のおでこから頬にかけてのTゾーンに出来やすいのです。
これはホルモンバランスの乱れなどで過剰に分泌された余分な皮脂と、その皮脂が毛穴に詰まることが原因で起きる脂性の高いニキビです。

ですが、大人ニキビはアゴのライン口の周りに多く出来てしまいます。
次はそんな大人ニキビの原因を見てみましょう。
首元を押さえ鏡を手の平に乗せてる女性

大人ニキビの原因

大人ニキビが出来てしまう主な原因は「古い角質の蓄積」と「肌の乾燥」です。
大人ニキビも思春期ニキビもホルモンバランスが原因で出来てしまいますが、大人ニキビの場合は思春期ニキビと違い、ホルモンの分泌低下で肌の新陳代謝が悪くなってターンオーバーが滞ってしまうのが真の原因です。

寝不足やストレスが溜まると大人ニキビは出来やすくなります。

ターンオーバー
肌の古い表皮が新しい表皮に生まれ変わるサイクルのことを言う。
大人ニキビの原因は医学的にもよくわかっていない部分が多く、ちょっとした睡眠不足やストレスなど、だれでもありそうなものが積み重なってある日、急にホルモンバランスが乱れて「大人ニキビ」は出てくるのです。

ニキビの原因と対策法・治し方とは?ニキビのアレコレを解説します!!

更年期ニキビと原因

ここからは更年期ニキビに関係するホルモンと原因についてお話していきます。
このホルモンの働きは生理周期とも関係があるので、それも少し解説していきます。

エストロゲンの減少

更年期ニキビは身体のホルモンバランスが変化することによって引き起こされます。
そのホルモンの1つにエストロゲンというものがあります。

エストロゲンは肌の潤いを保持したり余分な皮脂分泌を抑えたりしてくれるのですが、更年期に入るとエストロゲンの分泌が減少してしまいます。
そして、エストロゲンが少なくなると代わりにプロゲステロンが増え出します。

プロゲステロンの増加

プロゲステロンは皮脂分泌を進めてしまう作用のあるホルモンです。
皮脂が増えると毛穴に脂が詰まってしまうことになり、それが原因でニキビが出来てしまいます。

また、「40代のニキビの特徴」で挙げた”生理前に出来やすい”というのは、その時期にエストロゲンが少なくなってその代わりにプロゲステロンが増えるため起こるのです。
生理時期は皮脂分泌が増えて肌荒れもしやすく、ニキビが出来やすくなるので注意が必要です。

エストロゲンの減少とプロゲステロンの増加、このホルモンの変化で起こる皮脂の過剰分泌によって更年期ニキビは引き起こされているのです。赤タンクトップの金髪外国人おばちゃん
頬のニキビは男性ホルモンのせい?ホルモンバランスってどう整えればいいの?

浴び続けてきた紫外線とニキビの関係

さんさんときれいに写っている空と太陽
紫外線対策は夏だけで十分ではなく一年中対策しなければなりません。
対策を怠ってしまうと、ニキビが繰り返すループから抜けられなかったり、ひどいときはニキビ跡がシミになって残ってしまう場合もあります。

紫外線がニキビに与える悪影響

肌を乾燥させる

紫外線を多く浴びると肌は乾燥してしまいます。
すると、肌は乾燥から自分自身を守るために皮脂を盛んに分泌するようになります。
こうして過剰に分泌された皮脂はニキビを発生させたり、悪化させる原因にもなります。

活性酸素を作る

活性酸素というのは強力な酸化力をもった酸素のことです。
活性酸素は元々私たちの体を守るために作られるのですが、増えすぎてしまうと体を傷つけます。

この活性酸素が紫外線を浴びると皮膚に発生し、毛穴詰まりニキビの炎症を悪化させたりすることが分かっています。

また、活性酸素は皮膚の脂質を酸化させて過酸化脂質を作り出します。
蓄積した過酸化脂質にメラニン色素が集まるとシミの原因になることがあります。

バリア機能が落ちてしまう

紫外線ダメージはターンオーバーの乱れを引き起こします。
紫外線でダメージを受けた肌はそれを早く治そうとして一時的にターンオーバーが早まります。

このスピードが早すぎると、本来なら28日かけて成熟する細胞が最後まで成熟できずに未熟な細胞が肌表面に並んでしまいます。
これでは肌が本来持つバリア機能が十分発揮されないのです。

髪の毛が当たったり手で触れたりといった、普段なら何でもないような小さな刺激でもニキビを引き起こしたり悪化しやすくなってしまいます。

バリア機能が回復するまでは、いつも以上に肌に刺激を与えない様にすることがスキンケアに必要になってきます。ヒドイ日焼けをした帽子を深くかぶる外国人女性
紫外線を浴びるとニキビが出来る?!ニキビ予防とスキンケア方法とは

大人ニキビの対策と治し方

更年期ニキビの原因になる皮脂の増加は、何もホルモンのせいだけとは限りません。
ストレス寝不足食生活なども影響しています。
では、そんな更年期ニキビへの対策と治し方についてお話していこうと思います。

洗顔・保湿・生活の見直し

まずはセルフケアとして、これまでご自身がやってきたスキンケアや生活習慣を見直すところから始めましょう。

洗顔

皮脂分泌が過剰になっているのでしたら、洗顔が有効です。
洗顔によって毛穴の詰まりもかなり改善されるので、ニキビが出来にくくなります。

保湿

洗顔と同じくらいに大切なのが保湿です。
更年期になるとエストロゲンが減少するため肌が乾燥気味になってしまいます。
洗顔後はできるだけ早く、肌に水分と油分を適度に補給することが大切です。

生活の見直し

ストレス・睡眠不足・生活習慣も関係していますので、なるべくストレスを溜め込まないようにして毎日の生活においてリラックスする時間を作って心と体を労わるようにしましょう。
そういった毎日の積み重ねが更年期ニキビの対策になっていきます。

病院で相談する

診察室で熱心に問診をしている女医さんニキビがひどくなってしまったら、自分で治そうとせずに病院に行くのが最善の策です。
ニキビが酷くなってしまうとニキビ跡が残ったり炎症の後の色素沈着がなかなか消えづらくなってしまいます。

更年期になると若い時とは違って、肌の新陳代謝が鈍くなりターンオーバーが長くなるので傷の治りに時間がかかってしまうためです。

ニキビ治療薬

ニキビ治療薬は肌に刺激があり、ニキビの炎症が酷いときには傷口に沁みて痛い事もあります。
ニキビ治療薬は洗顔後の肌に直接塗らず化粧水乳液やクリームを塗ってから最後に塗るようにすると刺激を抑えることができます。

炎症後の色素沈着が消えないときは

ニキビ治療薬だけだと炎症が鎮まった後の色素沈着が消えない場合があります。
普段のスキンケアをしていても色素沈着が収まらない様であれば、肌の新陳代謝を高めてくれる化粧品成分を利用してみると良いです。

美白作用のあるプラセンタエキスでニキビ跡の改善を

プラセンタエキスには海洋性、動物性、植物性があります。
肌の新陳代謝を高めてくれる効果が高いものは動物性のプラセンタです。
普段使っている化粧水に混ぜて使うことをおすすめします。

化粧品瓶二つ奥にピンクと赤の花

自分の肌の状態を把握する

自分の肌の状態は自分がよくわかっていると、みなさんは自信を持って言えるでしょうか?
把握しているつもりでも意外と気付かなかったりする点が多々あると思います。
普段と違った肌の状態の時はすぐに対処しなくてはいけません。

たとえば、夏と秋ではお肌のケア方法も違ってきますよね。
個人差はありますが、夏は皮脂の分泌が盛んになるのでそれに合ったケアをしなければいけませんし秋は乾燥の季節ですから、そのまま夏のケアを続けていると必要な皮脂まで落としてしまいます。

ですので、自分の肌の状態をしっかり把握して、ケア方法を臨機応変に変えれるように心がけなければいけません。

そのまま間違った肌ケアを続けていると、ますます酷くなってしまい元の肌の状態にするのに時間がかかってしまうので注意が必要です。

美白を目指すには同時に美肌も!美肌と美白のためのスキンケア

40歳過ぎのアンチエイジングとニキビケア

ここまで話してきて、ニキビは決して若者だけができるものではないということが解ってもらえたかと思います。

ニキビは思春期の悩みというイメージが強いですが、実は40歳を超えてからニキビが増え始める方は意外と多いのです。

10代の場合とは異なって、ストレスや食習慣の偏りなどで生活の乱れが影響する更年期ニキビは肌の老化にも影響を及ぼします。

生活の乱れ

思春期にはおでこから頬・こめかみなど顔全体に発生しますが、更年期ニキビは顔の下半分の部分、特に口周りやアゴなどにニキビができます。
放っておくとシミになったり毛穴開きの原因となります。

更年期ニキビが発生する原因はストレス・紫外線・睡眠不足・食生活の乱れです。
40代でニキビができるということは、スキンケアが間違っているか4つのうちのいずれかに問題がある可能性が高いです。

生活習慣の改善

改善させる対策改善方法
ストレスストレスによるホルモンバランスの崩壊は、皮脂の分泌を増やして毛穴が詰まってしまうこともあります。
上手にストレスを回避・解消をすることが大切です。
紫外線対策皮脂の分泌を増加させる紫外線対策は季節や天気を問わず毎日行いましょう。
車の運転ゴルフをしている方は、日焼け止めサングラスを利用して徹底的にUVケアをしましょう。
睡眠不足睡眠不足は肌の新陳代謝を阻害しますので肌の新陳代謝を促す「成長ホルモン」を分泌させるためにも、12時前に就寝をとるようにすると良いです。
食生活肌を老化させる食生活の乱れは、ビタミンCなどの抗酸化成分が豊富なトマトなどの野菜を食べて改善できます。

食物繊維が豊富な納豆・山芋などのネバネバ類・ワカメやひじきなどの海藻類も腸内環境を整えます。
腸が汚れると肌も汚くなってしまいますから、腸もちゃんと綺麗にしましょう。

肌のスキンケアはまず洗顔

きれいに椅子の上に折りたためられているタオル達
実際にニキビができた場合には、まず洗顔をして肌を清潔に保つことがニキビ治療の土台となります。
洗顔料はニキビを刺激しない低刺激なものを選び、泡立てネットでしっかり泡立てて、優しく顔を洗うようにすると良いです。

ゴシゴシ洗いは皮膚を傷つけ、ニキビや肌トラブルの原因になります。
濯ぎやタオルのふき取りも優しく行うようにするのがポイントで、洗顔後に化粧水や乳液でしっかり保湿をすると良いでしょう。

肌の乾燥は皮脂が過剰に分泌されてニキビができるだけでなく、肌の新陳代謝を防いでしまいます。

ニキビの原因は間違った洗顔方法にある!?ニキビ効果のある洗顔方法と洗顔料とは

歳を重ねることは怖くない

40代、50代でもニキビは出来るその原因と対策と題してここまでお話させて頂きました。
いかがでしたでしょうか?

更年期ニキビの一番の原因は女性ホルモンのエストロゲンが減少して、プロゲステロンが増加することで起こります。

更年期ニキビの対策は、まず洗顔と保湿に注意してホルモンバランスの対処法を工夫することで軽減できます。おばあちゃんお母さん娘のぞき込み

普段の食生活や睡眠を改善して美しく綺麗な肌を目指しましょう。
皆様の健康的で美しい肌を実現できるようにお祈りいたします。

40代女性の紫外線対策とは?年齢に合わせた服装や化粧品について

40代のお肌のお悩み、しみ・しわ・くすみは美白化粧水で改善できる?40代の方が化粧水を使用する場合の注意点とおすすめの美白化粧水とは?

おすすめの40代・50代ニキビ向けのアイテムはこちら
30代40代のシミに『葡萄樹液ホワイト11』口コミから有効成分まで徹底解説!

ヨーグルト洗顔『乳雪花』の口コミは?毛穴の詰まり・黒ずみ対策はこれで決まり!

「ASUHADAオールインワンゲル」1つで5役1日3分のニキビケアを!