美白石鹸の効果は?体にも使える?成分と種類をご紹介!

花の周りで手を洗っている写真 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

美白石鹸と書かれていても、具体的な効果が想像しづらい場合がありますよね。
どんな成分がお肌にどんな働きをしてくれるか、どこまでの種類があり、あるいはどのようなときに効果を発揮するのか?
今回の記事では、美白石鹸の効果はもちろん、成分や種類、体にも使えるかどうかなどもご紹介します。

美白石鹸の成分

美白洗顔に必要なことは、美白成分が豊富な洗顔料を選ぶことなのです。

そして、美肌を目指す事に欠かせないのは毎日の正しい洗顔です。

どのような美白成分が入った洗顔料を選べば良いのか見てみましょう。

固形石鹸

アルブチン

アルブチンとは、ハイドロキノンとぶどう糖が結合した物で、「チロシナーゼ」と呼ばれるメラニンを作る酵素の働きを阻害し、過剰なメラニンの生成を抑制する働きがあります。

なので、シミソバカスを防ぐ効果が期待されています。

アルブチンには天然の物と合成の物があり、合成の物は美白効果が高いですが、体質や肌質によっては副作用が出てしまう危険性があるので、敏感肌の方は特に必ず確認してから使用しましょう。

エラグ酸

エラグ酸とは、主にイチゴやラズベリーなどのベリー類や、クルミなどのナッツ類、ワインやカカオなどにも含まれているポリフェノールの一種です。

ポリフェノールの働きは抗酸化作用は身体の老化の原因を除去してくれることや、美白の働きがあります。

その結果、美白やシワ予防などのアンチエイジング効果に繋がるので、美白やエイジングケアを求めている女性にはおすすめの成分となります。

コウジ酸

酒造りをする杜氏さんの手が透き通るように白く美しい手の理由であるのは、コウジ酸のおかげと言われています。

実際に、コウジ酸はシミの元になるメラニンを作る酵素の働きを抑える効果があります。
さらに、コウジ酸には光老化によるシワやたるみの悩みにも有効です。

なので、美白をしながらお肌にハリや弾力を守ることにも繋がるのです。

こうじ

酵素

酵素は、タンパク質や脂肪などを吸収しやすいように変化させる働きをするので、タンパク質である古い角質や脂肪である余計な皮脂を分解し、くすみやざらつき、毛穴の黒ずみなどに効果を発揮します。

石鹸やスキンケア用品に使用される酵素は、パパイヤやパインなどに含まれる天然植物性のものを使用しているので、安心感もあります。

なので、お肌を白くしたいのならば酵素を使った洗顔をおすすめしますが、酵素はターンオーバーを早める効果が強いので、乾燥肌や敏感肌、ニキビ肌の方には刺激が強い場合もあるので注意しましょう。

泥(クレイ)

美白洗顔と聞いて、クレイ洗顔というものを思い出す方もいられるでしょう。

まず、クレイとは粘土鉱物のことで、ケイ素やアルミニウム、そして先程紹介した酵素などで出来ています。
クレイ洗顔とは、クレイの粒子の細かさや吸着力を利用した洗顔のことです。

クレイが毛穴の奥まで入り込んで古い角質や皮脂を取り除いでくれるので、しつこい汚れをきれいにオフすることが出来ます。

ハイドロキノン

ハイドロキノンはいちごや麦芽、コーヒーなどに含まれる天然由来の成分で、コウジ酸やアルブチンなど従来の美白成分と比べると、従来の美白成分と比べて10倍~100倍の美白効果があるといわれています。

出来てしまったシミも漂白する強力な作用を持つことから、肌の漂白剤とも呼ばれています。

そして、メラニンの生成を抑える働きと、メラニン色素自体を薄くする働きがあるので、新しいシミを作らせないようにする効果もあります。

症状別にみる美白成分の効果とは?症状に合わせた美白成分を活用して美白肌へ!

美白石鹸の種類

右手に乗せているオレンジの石鹸美白石鹸と一口に言っても、固形のものからクリームフォーム、ジェルタイプ、さっぱりとピーリング効果のあるスクラブタイプなど、いくつもの種類があります。

洗顔をする上で大切なことは、しっかりと泡立ててから顔に付けることです。
時間がない人や面倒な人には、泡で出るものを選択することも良いでしょう。

また、種類によって洗い上がりに差が出てきますので、どのような洗顔タイプがあるのか確認しましょう。

フォームタイプ

フォームタイプは使い勝手が簡単なもので人気ですが、洗浄成分が合成界面活性剤なので石鹸ではありません。

肌触りが良いというメリットもありますが、普段から乾燥肌の方には少々不向きで、潤いを保たなければいけない皮脂までも洗い流してしまいます。

また、洗顔後に油膜が肌に残ってしまい、化粧水や乳液などのスキンケア成分を弾いてしまうことから、最近ではフォームタイプを避ける方も増えてきたように感じます。

ジェルタイプ

ジェルタイプは、水分と油分がバランスよく配合されています。

顔にジェルが残ってしまうこともありますので、しっかりとすすぎを行うことが大切です。

洗顔をすると保湿力が高まることが、ジェル洗顔の強みでしょう。

コラーゲンの再現イメージ

泡タイプ

洗顔をするときは、きめ細かい泡にしてから顔に乗せて泡を転がすように洗いますが、わざわざ泡立てなくても最初から泡状の洗顔フォームを使えば時短にもなります。

泡を顔に乗せた瞬間からふわっと泡が毛穴の奥にまで届き、しっかりと汚れを落としてくれます。

ただし、丁寧に泡立てたものと違い、水分量が多いのですぐに泡がしぼんでしまうところがデメリットとして挙げられます。

時間がある時には自分で泡立てて、朝などの時間がないときは泡タイプを利用するなどの使い分けをすると便利かもしれませんね。

固形石鹸

洗顔後につける化粧水などは油分が邪魔をしてしまうと浸透力が低くなってしまうと言われています。
なので、固形石鹸を使うことは化粧水や乳液などのスキンケア用品の浸透力が高まります。

洗顔後に肌がつっぱってしまうという声が大きく、あまり人気がないようですが、つっぱってしまうということは余計な油分が入っていない証拠となります。

固形石鹸は少し濡らしただけでもしっかりとした泡立ちを実現し、毛穴の汚れなどを除去してくれます。
さらに、皮膚に残しておくべき皮脂はそのまま保てるのも固形石鹸の魅力です。

クリームタイプ

意外と使い勝手が良いのがチューブに入っているクリームタイプです。

歯磨き粉のようですが、手の平に数量出し、水をほんの少しだけ垂らして静かに泡立てるだけで準備は完了になります。

美白成分などが配合されていることが多いので、便利で人気のある商品でもあります。

クリームの入ったチューブ

パウダータイプ

パウダータイプは洗顔料の中でも粉になっている状態からホイップ状の泡になるまでに時間がかかり、まったく泡立たないものもあるので時間もかかりますし、大変だと思ってしまう人も多いようです。

ですが、パウダーならではのメリットとして防腐剤が入っていなかったり、無添加なのに細かな粒子にすることで腐敗もせずに長持ちしてくれるなどの特徴があります。

肌ダメージを受けたくない方にはおすすめな洗顔料になります。

泡立たないタイプのパウダーを使う際には、肌が傷つく恐れもあるので、細かな粒子が残っていないか確認してからご使用ください。

スクラブ洗顔料

夏場にはさっぱりと仕上がりそうなスクラブ洗顔は、研磨作用があるので洗顔フォームをしっかりと洗い流さなければ目の中に入ってしまい、眼球を傷つけてしまうことがあります。

さらに、細かければ毛穴の中に残ることがあり、皮膚に残ってしまうと肌トラブルの原因になってしまう恐れもあります。

スクラブ洗顔料を使用する場合はネットを使ってしっかりと泡立て、きちんと洗い流すなどに気を付けて使用しましょう。

美白を目指すには石鹸で洗顔を!美白のための洗顔石鹸のランキング

美白石鹸の効果

それでは、美白石鹸の効果についてご説明しましょう。
美白石鹸には様々な効果があります。
美白石鹸はこんな方におすすめです。

  • 顔のくすみが気になる
  • シミが目立ってきてしまった
  • 毛穴の黒ずみが気になってきた
  • 透明感が欲しい

そんな悩みをお持ちの方が美白石鹸を使用することで、ターンオーバーを促進し、スキンケア用品の中に含まれている美容成分の浸透力がアップします。

なので、美白石鹸を使用することによって、肌への美白効果のアプローチが高まるのです。

豆乳イソフラボンで美白になれる?オーガニック洗顔で美しい白さを!

美白石鹸は身体にも使える?

顔・体用と書かれていれば、美白石鹸は身体にも使えます。

体を洗っている女性

ですが、洗顔用の石鹸は皮膚の薄いデリケートな顔用に作られている物です。
なので、洗浄力にはあまり期待できないでしょう。

顔用の美白洗顔を体にも使用している方もいらっしゃいますが、美白石鹸の多くは洗顔用です。
洗顔用の石鹸は値段が高いのものもあり、それを体に使用するのはコスパ的にもあまりおすすめできません。

なので、顔用は顔、体用は体に美白石鹸は使った方が良いでしょう。

口コミから見る美白に有効なプチプラボディソープとは?

石鹸も美白になるための一要素です

美白石鹸について紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

まず、美白石鹸は、主にアルブチンやエラグ酸、コウジ酸などの美白成分が入っているものを選びましょう。

そして、毛穴の汚れをしっかり落とす洗浄力があるものであれば、美白成分が肌に行き渡りやすいので、美白石鹸の効果を重視するのであれば、洗浄力にも目を向けてみるのはいかがでしょうか?

美白に満足する女性

ですが、洗浄力ばかりが良くても、肌を痛めつけてしまっては元も子ありませんので、肌に優しく保湿力が高いものを使用しましょう。

洗顔の種類については様々な種類がありますので、自分の好みやお肌に合ったものを選ぶと良いかもしれません。

さらに、朝は泡で出てくる洗顔料を、夜は固形石鹸を使うなど、そのシーンにより使い分けるのもおすすめです。

美白石鹸と書かれている洗顔料を顔以外の体にも使用している方もいらっしゃいますが、洗浄力などの効果を考えると、あまりおすすめできません。

体には体の美白石鹸を使用するのが好ましいです。

皆さんも美白石鹸を使って理想の美白に一歩一歩近付いていきましょう。

美白の基本は洗顔!洗顔の効果を徹底調査しました

洗顔の仕方を変えるだけで美白効果がアップする!おすすめ洗顔フォームをご紹介!

おすすめの美白アイテムはこちら
「然 よかせっけん」天然ミネラル配合の吸着モコモコ泡で毛穴問題を解決!

アクアモイス「老け顔」に悩む大人の男のスキンケアに必要なものとは?

ハンガリー発イルチオーガニックコスメの実力を徹底検証!世界のセレブが愛用中!