美白点滴・注射でお肌に栄養補給!驚きの効果と注意点をお教えします。

注射器を持っている女医 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

シミやくすみが気になる女性はこの世に大勢いらっしゃると思います。
美白のためにスキンケアしたりサプリメントを摂ったりしても、なかなか効果が実感できなくてモチベーションダウンしてしまうことは一度や二度ではありませんよね。
それはもしかしたら美白成分がうまく肌に浸透していないからかもしれません。
今回は直接お肌に栄養補給ができてしまう美白点滴について見ていきたいと思います。

美白点滴とは?その成分は?

点滴というのは分かるけれど、それがどういう物なのか得体が知れないという方もいらっしゃるでしょう。
美白点滴とはどんな物なのか、どんな物があるのかを見ていきましょう。

美白点滴とは

美白点滴は点滴によって美白に有効な成分を直接血管に送りこむ物です。
食品などから栄養を摂取するときに生じるロスも少ないため効率よく美白成分を体に取り込むことができます。
ただし、美白点滴は医療行為なので医療機関でなければ受けられません。

成分によって違いはありますが、以下のような効果を期待できます。

  • メラニンの生成を抑制してシミソバカスを予防する
  • シミ・ソバカスなどの色素沈着を薄くする
  • ターンオーバーを正常化してシワ・たるみを改善する
  • 活性酸素を減らして細胞の酸化を予防する

お好みや目的に合わせて処方を変えられるところも多いようですよ。
もちろん1回ではなかなか効果を感じられないので月に2回ほど行うことがオススメです。

美白注射
美白点滴と同様に行える物として美白注射があります。
美白点滴との違いは効果が緩やかに表れることと1回の時間が短いことです。
注射も当然1回では効果は分からないので週1回の頻度で行うことがオススメされています。

美白点滴の成分

美白点滴に使われる成分にはビタミンをはじめとしてこんなものがあります。

プラセンタ点滴は注意が必要で、一度でも受けた人は一生献血ができないことが日本赤十字社で定められています。
受ける際にはその点もよく考えてからにしましょう。
人差し指を立てている女性

副作用はあるの?

基本的に美白点滴は安全性が高いのですが、まれに点滴中・点滴後に副作用が出ることがあります。

主な副作用

  • 発疹・かゆみなどのアレルギー
  • 頭痛・吐き気・めまい
  • お腹の膨張感・下痢

ごくまれにアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、お医者さんから事前にリスクに関する話をよく聞くことが大切です。
体調が悪い時も注意がいるので医師への相談は欠かさずに行いましょう。

費用はいくら?点滴でかかる時間は?

都内のクリニックで行われている物を例に見ていきましょう。

点滴の費用

高濃度ビタミンC点滴のコースであれば以下の通りです。

高濃度ビタミンC点滴
(基本点滴)
12.5g25g50g75g100g
7,560円10,800円16,200円21,600円27,000円

上記に抗酸化作用美白アンチエイジングに特化した物であるとさらに料金は上がります。

抗酸化
+高濃度ビタミンC点滴
12.5g25g30g
10,800円16,200円18,360円
美白
+高濃度ビタミンC点滴
12.5g25g30g
10,800円16,200円18,360円
アンチエイジング
+高濃度ビタミンC点滴
12.5g25g30g
10,800円16,200円18,360円

ちなみに注射であればおおよそこの程度の価格になります。

  • プラセンタ、ビタミンB:1,000円(筋肉注射)
  • ビタミンC:1,500円(静脈注射)

注射はお手軽ですが打てる美白成分の種類が点滴ほど多くないという点もあります。

点滴でかかる時間

美白点滴の時間は量によりますが1回につき30~90分ほどかかります。
もちろん量が多いほど時間はかかりますので参考程度とお考えください。

なお、美白注射でかかる時間は5~30分程度といわれています。
効果がはっきりするまで期間はありますが、手軽に打てるのが注射のメリットでしょうか。

下から撮った点滴

美白点滴の持続性と効果

美白点滴はどのくらい持続して、どのような恩恵をもたらしてくれるのでしょうか。

持続性と点滴の間隔

点滴を始めてから間もない頃の持続性は1度の点滴で数日~1週間ほどです。
直接体内に取り込めるためサプリメントなどに比べると吸収力が高く効果を早く実感できますが、1回の点滴だけでは成分が体中に浸透しないと思います。

続けていくと持続性も高まっていくので、常に効果を実感したければ継続して点滴を受ける必要があります。
1週間に一度から始めて、肌の調子が改善してきたら1ヶ月に一度、2ヶ月に一度と間隔を空けていくのが理想とされます。

美白注射の持続性と間隔
美白注射も週1回ほどのペースで行うことで効果が実感できます。
点滴と比べると量は多くありませんが、比較的手軽なため長く続けやすいでしょう。
安いメニューを選んで持続的に受けることで自分へのご褒美にもなりますよ。

美白点滴の効果

美白点滴の効果は含まれている成分によって変わってきますが、主にシミ・くすみなどを改善して本来の白さを取り戻すことが期待できます。
成分ごとに詳しく見てみましょう。

ビタミンCメラニンの生成を抑えてシミやくすみを防ぎ、ニキビなどの炎症を改善することも期待できます。
また、皮脂の過剰分泌を抑えたりコラーゲンの生成を促進したりして、ニキビなどの予防や肌のハリを保つ手助けをします。
ビタミンB2新陳代謝の促進作用によってターンオーバーを活性化、ハリのある肌を生み出します。
ビタミンB6肌を健康な状態にしたり皮脂の分泌量を調整したりする効果があり、ニキビなどの改善が期待できます。
ビタミンB12神経系の正常化や睡眠リズムの安定化をはかり、不眠やストレスによるくすみへの効果が期待できます。
αリポ酸体内の活性酸素の増加を抑えて細胞の酸化を防ぐほか、代謝の促進などの効果で肌を若々しく保ってくれます。
プラセンタ細胞を活性化して新陳代謝を高めて肌荒れ・シミ・シワ・くすみなどの改善が確認されています。

ご自身の肌の悩みや目的に合った成分を選ぶことも重要になってきます。

美白点滴のQ&A

美白点滴について多いと思われる質問を集めました。

Q.美白以外にも何か効果はあるのでしょうか?
A.美白効果以外にも成分によって異なる効果が得られます。

  • ビタミンC:疲労回復のほか体の免疫力を高められます。
  • ビタミンB1:疲労回復・ストレス緩和の効果があります。

Q.点滴療法時に気をつけることはありますか?
A.空腹時に実施しないようにしましょう。
空腹時の点滴投与は低血糖によって頭痛・吐き気を引き起こすことがありますので食事を抜かずに治療してください。
点滴中にのどや口の乾きが現れることがありますので点滴前は十分な水分を摂るようにしましょう。
Q.点滴前夜や点滴後の夜などに避けた方がよい食べ物や飲み物はありますか?
A.特にありません。
山の上で元気そうに跳ねる女性

美白点滴でお肌の栄養補給!

今回は美白点滴についていろいろと見てきました。
れっきとした医療行為ですが副作用が出る可能性も考えたうえで受けましょう。
ある程度費用はかかるものの継続することで安定した美白効果を得られます。

点滴の内容にはビタミンCをメインに他の成分を組み合わせるというパターンがポピュラーです。
もちろん成分を単体で点滴注入できるところもありますので、受診する病院の美白点滴のメニューはよく確認しておきましょう。

美白点滴のメリットはなんといっても美白成分をロスなく摂取できることです。
ぜひ一度試してみて、その効果を実感してみてはいかがでしょうか?

他の美白点滴に関する記事はこちら
プラセンタドリンクの美白効果は?プラセンタの肌への効果とプラセンタドリンクを選ぶ際のポイントとは

ビタミンC配合の化粧水で美白効果は得られるの?ビタミンの働きまで徹底調査!

おすすめの美白アイテムはこちら
「オーフェル」玄米を発酵させて生み出した飲む点滴甘酒の実力とは?!

然プラス生ビタミンシリカ導入シャワーの口コミは?完全無添加の速浸透で輝く肌に!

「Psホワイトクリーム」シミを撃退できるオールインワンの有効成分とは?!