美白オイルの効果と使い方は?アプリコットオイルは美白に効く?

オリーブの実を食べている外国人女性1 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

「美白ケアにオイルが良いらしい」という評判はよく耳にしますが、さて本当に効果があるのでしょうか。
オイルは油分であって、使用すると顔がテカってしまうなど嫌煙されがちです。
しかし、正しく使用する事によって美白効果を発揮する事が出来ます。
そこで今回は、オイルと保湿・美白との関係、美白オイルの種類と正しい使用方法アプリコットオイルは美白に効くのか見ていきたいと思います。

オイルと保湿・美白との関係

オイルと保湿、オイルと美白の関係について見ていきたいと思います。

オイルと保湿の関係

オイルと保湿の関係、よりオイルの効果を高める方法について見ていきたいと思います。

オイルと保湿の関係

肌の保湿に欠かす事の出来ないスキンケアアイテムと言えば化粧水です。
スキンケアの基本とも言える重要なアイテムを適当に使用している方も多いのではないでしょうか?

化粧水をつけていても肌が乾燥をしてしまうと言う方は、化粧水の保湿効果を最大限発揮する事が出来ていない可能性があります。
その際はいつものスキンケアにブースターオイルを足してあげる事によって、化粧水の保湿効果を高める事が出来ます。

手に流れているオイル

オイルの効果を高める方法

化粧水は洗顔後に使用するスキンケアアイテムですが、肌の状態によっては化粧水の有効成分が上手に浸透しない事があります。
この様な場合にはブースターを導入する事をおすすめします。

ブースターとは導入と言う意味であり、化粧水の前につける美容液やオイルの事です。

  • 肌のPHをコントロールする
  • 肌を柔らかくする
  • その後に使用するスキンケアアイテムの浸透力を高める

効果があります。

種類 効果
ローションタイプ 肌の角質を取り除く
クリームタイプ 角質層に働きかける
ミルクタイプ
角質層に働きかける
肌を柔らかくする
オイルタイプ 肌を柔らかくする

オイルは美容液の代わりとなり、肌へ栄養を与えたり、スキンケアの仕上げに使用したりすることが多いですが、ブースターとしても非常に効果が高いとされています。

肌質 効果
乾燥肌 肌に必要な油分が足りていないケースが多く、油分不足の肌に油分を補うと言う面で優秀です。
敏感肌
インナードライ肌 オイリー肌と思っているが肌の内部が乾燥しており、
乾燥を補うために皮脂分泌量が多くなってしまっている隠れ乾燥肌対策にも有効です。

ブースターオイルは化粧水をつける前に3~5滴肌に塗り込み、オイルが馴染んだら化粧水をつけます。

通常ブースターオイルはホホバオイルやアーモンドオイルなどのキャリアオイルを使用します。
中でもアルガンオイルは肌への浸透が良く、ベタつきが少ないのでおすすめです。

オイルと美白の関係

美白とは

美白とは上記の通りですが、美白のためにオイルを使用する事のメリットとは何なのでしょうか?

ターンオーバーの
正常化をサポートする
およそ28日周期で肌が生まれ変わる事をターンオーバーと言います。

生まれ変わりの周期はおよそ28日が理想とされていますが、外部刺激やスキンケアを怠っていたりするとその周期は遅くなってしまいます。

オイルを使用する事によってターンオーバーが理想に近づけられる様に後押しをしてくれます。

肌を柔らかくし、
スキンケアを浸透しやすくしてくれる
オイルは水分に比べて肌馴染みが良いため化粧水と一緒に使用する事によって、化粧水の浸透力を手助けしてくれ、保湿効果を上げてくれます。
保護力があり、
水分の蒸発を防いでくれる
オイルの保護力はスキンケアアイテムの中でも特に高いです。

そのため、化粧水をつけた後にオイルで保護するのに適しており、保湿した後の肌をキープする手助けをしてくれます

肌の炎症を抑え、
修復の手助けをしてくれる
オイルは肌馴染みが良いため、肌に出来るだけ負担を掛ける事無く肌に馴染ませる事が出来ます。

また、オイルの成分でも炎症を抑える効果があるオイルもあります。

美白オイルの種類

美白オイルは種類も豊富ですが美白効果が欲しいのならどのオイルを選んだらいいのか、いざ購入するとなるとどれを手に取ればよいのか迷う方もいらっしゃると思います。

ここでは、おすすめのオイルの種類などを見ていきたいと思います。

美白効果におすすめのオイル

美白オイルの中で美白効果が特に高いオイルはどれなのか、代表的なオイルを一覧表で見ていきたいと思います。

オイルの種類 美白効果 オイルの種類 美白効果
アーモンドオイル オリーブオイル
アルガンオイル ココナッツオイル
ローズヒップオイル スクワランオイル
椿油(カメリア)
ホホバオイル

オイルで美白効果を求める場合、そのオイルにメラニン生成を抑制する働きがあるかどうかが決め手になります。
◎のオイルはその様なメラニンへの働きがあるためおすすめです。

手に持っているアルガンの種子

おすすめの美白オイル

ここでは美白におすすめのオイルの事をもう少し詳しくみてみましょう。

アーモンドオイル
アーモンドオイルにはオレイン酸が60%も含まれています。
オレイン酸は美肌効果が高い成分であり、チロシナーゼを抑える働きがあります。

さらに、アーモンドオイルはビタミンEも沢山含まれており、ビタミンEも美白効果の高い成分です。

アルガンオイル
アルガンオイルもアーモンドオイルと同じ様にオレイン酸とビタミンEが沢山含まれています。
美白効果が得たいのであればアルガンオイルはおすすめです。

さらに、アルガンオイルには高い抗酸化作用があります。

ローズヒップオイル
ローズヒップオイルには驚くほど豊富なビタミンCが含まれています。
ビタミンCは有名な美白成分であり、チロシナーゼを抑える働きがあります。

さらに、ローズヒップオイルにはトランスレチノイン酸も含まれています。

トランスレチノイン酸とは天然の美白成分です。
美容成分で有名なレチノイン酸はこのトランスレチノイン酸を人工的に合成した成分です。

肌を蘇らせる作用があるため、メラニンの排出を期待する事が出来る成分です。

美容オイル初心者にはホホバオイルがおすすめ

ホホバオイルは美白効果が高いとは言えませんが、肌のバリア機能を備えたオイルです。
肌のバリア機能が高まる事でメラニンの生成を防ぐ事が出来るため、シミが出来にくくなります。

ホホバオイルは他のオイルと比較して酸化しにくい優れ物です。
バランスの良いオイルですので美容オイル初心者におすすめです。

容器に入っているホホバオイル

美白オイルの正しい使い方は?

実際に使用するとなるとどのタイミングでオイルを使用していいのか分からない方が多いかと思います。
ここでは、美白オイルの正しい使用方法をご説明していきたいと思います。

1.基本的な美白オイルの使い方

オイルを使用する場面 スキンケアの順番
通常のお手入れの
最後に使用する
  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. オイル1~3滴

の順で行います。

これで保湿力が足りない場合はジェルなどを追加すると良いでしょう。

洗顔後直ぐ使用する
  1. オイル1~3滴
  2. 化粧水
  3. 美容液

の順で行います。

肌が乾燥してゴワゴワしている際にオイルを一番始めに使用する事によって肌の最表層(角質細胞層)の細胞間を埋めてくれるため肌が驚くほど柔らかくなり、その後に塗る化粧水を浸み込みやすくしてくれます。

化粧水の後に使用する
  1. 化粧水
  2. オイル1~3滴
  3. 美容液

の順で行います。

化粧水の水分が少々肌に残っている状況でオイルを馴染ませるとしっとりします。

化粧水や美容液に
混ぜて使用する
手持ちのスキンケアの保湿力を簡単に上げる事が出来ます。
その方法は

  1. 化粧水や美容液を手のひらにのせます
  2. オイル1~2滴を垂らします
  3. 手のひらで混ぜ合わせ、顔全体に塗ります

オイルのベタつきが苦手な方におすすめです

2.肌タイプごとのスキンケア手順

乾燥肌 脂性肌
水分 皮脂量 水分 皮脂量
少ない 少ない 多い 多い
かさつきやすく乾燥しやすい方は

  1. 化粧水にオイルを3滴混ぜて塗る
  2. お手入れの最後にもう1度1~2滴オイルを塗る

週に1回、オイルマッサージをしましょう。

潤いはあるがベタつきやすく、化粧崩れしやすい方は

  1. 化粧水の後に顔全体に1滴伸ばす
  2. 油分の少ない美容液または先に塗った化粧水をもう1度塗る

これでもし皮脂分泌が抑制されて肌の状況が良くなったらインナードライ肌かもしれないので、お手入れを変えてみましょう。

インナードライ肌・混合肌
水分 皮脂量
少ない 多い
ベタつきやすいのにかさつきやすく、ニキビになりやすい方は

  1. 洗顔後直ぐにオイル2滴
  2. 化粧水を塗る
  3. 化粧水にオイルを1滴混ぜて塗る
  4. 美容液を塗る

角質層の間をオイルで埋めてから化粧水を重ねる事によって角質層の保水力が上がり、多くの皮脂分泌を抑制する事ができ、表面の脂分も残りにくくなります。

秋冬の乾燥する時期は週に1回、オイルマッサージをしましょう。

アプリコットオイルは美白に効く?

杏子の画像1

アプリコットオイルとは

アプリコットオイルは杏子の種から得られた仁(杏仁)から絞り出されたオイルです。
アプリコットオイルにはパルミトレイン酸が豊富に含まれており、別名「若さの脂肪酸」とも呼ばれており、肌を若々しくしてくれます。

この他に4種類の高級脂肪酸が豊富に含まれています。

  1. オレイン酸:過酸化皮脂の予防
  2. リノール酸:角質細胞間脂質の主成分であるセラミドの構成成分です。
    皮膚の乾燥、皮膚の老化、角化症などを防ぐエモリエント効果があります。
  3. ステアリン酸:動物、植物油に多く含まれている飽和脂肪酸です。
    滑らかな使用感を高め、皮脂分の補油効果があります。
  4. パルミチン酸:飽和脂肪酸であり、紫外線から肌を防御してくれます

アプリコットオイルの美白効果

アプリコットオイルにはどの様な美白効果があるのか、見ていきたいと思います。

シミ改善

アプリコットオイルはターンオーバーを促して肌のキメを細かくして美肌を作る効果があるため、シミやそばかすを目立たなくする美白作用があります。

また、美肌には欠かせない栄養と言われている脂肪酸の他に、ビタミン・ミネラルが含まれており、中でも食品からは摂取しにくいビタミンB群がたっぷり含まれていますので美肌効果が高いオイルと言えます。

杏子の画像2

紫外線予防

アプリコットオイルには紫外線皮膚を酸化させるのを防御する役割も果たしています。

化粧下地として薄く顔に伸ばしておくだけで、年を重ねるにつれて減少してしまう皮膚膜の代わりを果たすため、強い日差しから肌を守ってくれます。

おすすめの美白オイル

ここではおすすめの美白オイルをご紹介していきたいと思います。

HAKU メラノディープオイル2

HAKU メラノディープオイル2の商品画像
  • メーカー名:資生堂
  • 商 品 名:HAKU メラノディープオイル2
  • 価   格:¥3,190円(税込)

保湿と美白ケアが同時に出来る薬用美白オイルです。

乾燥しがちな肌へリッチな潤いが乾燥や肌荒れを防ぎ、使用する度に潤ってパッと明るい肌に導きます。
シミが出来てしまう肌に着目してメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。

べたつかずにしっとりとした感触です。

マルラオイル

マルラオイルの商品画像
  • メーカー名:VIRCHE(ヴァーチェ)
  • 商 品 名:マルラオイル
  • 価   格:¥3,974(参考価格)

南アフリカに育ち、神の木とも呼ばれているマルラの木の実から採れる、希少な美容オイルです。
高い保湿性と優れた浸透性で気品溢れる素肌へと導いてくれます。

年齢肌に大切なビタミンC・E(保湿成分)、aリノレン酸、オメガ6・9を含みます。
抗酸化力はオリーブオイルのおよそ10倍アルガンオイルのおよそ3.6倍です。

化粧水の前にも使用する事が出来ます。

ルミーチェ 美白オイルエッセンス

ルミーチェ 美白オイルエッセンスの商品画像
  • メーカー名:UTENA(ウテナ)
  • 商 品 名:ルミーチェ 美白オイルエッセンス
  • 価   格:¥1,200+税(参考価格)

油溶性ビタミンC(美白有効成分)&ホホバオイル・スクワラン配合で美白肌へ導くオイル美容液です。

皮脂膜に覆われている肌に馴染みやすいオイルベース処方であり、角質層まで深くスーッと浸透します。
サラっとした感触でベタつかず、透き通る様なふっくらツヤめく美白肌へ導きます。

精油仕立てのラグジュアリーハーブの香りです。

環境に配慮し、サメ由来ではなくサトウキビ由来のシュガースクワランを配合しています。

天然のオイルを使用して美白肌へ

オリーブの実を食べている外国人女性2

今回は美白オイルの効果と使用方法、アプリコットオイルなどについて取り上げていきました。

スキンケアで使用しない人はいない化粧水の効果が得られない場合に、ブースターオイルを足してあげる事によって化粧水の保湿効果を高める事が出来ます。

オイルの美白効果
  1. ターンオーバーの正常化をサポートする
  2. 肌を柔らかくし、スキンケアを浸透しやすくしてくれる
  3. 水分の蒸発を防いでくれる
  4. 肌の炎症を抑え、修復の手助けをしてくれる

など、オイルを使用する事によってこの様な美白効果を得る事が出来る事が分かりました。

美白オイルの使い方は様々であり、その場面に応じた使い方をする事によって、オイルの効果を得る事が出来ます。

基本的な使い方
  1. 通常のお手入れの最後に使用する
  2. 洗顔後直ぐ使用する
  3. 化粧水の後に使用する
  4. 化粧水や美容液に混ぜて使用する
肌タイプごとの使い方
乾燥肌 脂性肌
水分 皮脂量 水分 皮脂量
少ない 少ない 多い 多い
  1. 化粧水にオイルを3滴混ぜて塗る
  2. お手入れの最後にもう1度1~2滴オイルを塗る
  1. 化粧水の後に顔全体に1滴伸ばす
  2. 油分の少ない美容液または先に塗った化粧水をもう1度塗る
インナードライ肌・混合肌
水分 皮脂量
少ない 多い
  1. 洗顔後直ぐにオイル2滴
  2. 化粧水を塗る
  3. 化粧水にオイルを1滴混ぜて塗る
  4. 美容液を塗る

アプリコットオイルの美白効果についても見ていきました。
アプリコットオイルは杏子の種から得られた仁(杏仁)から絞り出されたオイルです。

アプリコットオイルには以下の様な成分が含まれており、美白に働きかけてくれます。

  • パルミトレイン酸
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • ステアリン酸
  • パルミチン酸

アプリコットオイルはターンオーバーを促進して肌のキメを細かくし、美肌を作る効果があるためシミやそばかすを目立たせなくする美白作用があります。

また、アプリコットオイルは紫外線が皮膚を酸化させる事を防いでくれる役割や、化粧下地の代わりにアプリコットオイルを薄く塗るだけで皮脂膜の代わりを果たし、紫外線から肌を守る働きがあります。

瓶に入っているオリーブオイル

オイルは顔がテカってしまうなどの理由から使用する事が嫌煙されがちですが、正しく使用する事によって保湿効果を最大限発揮してくれ、引いては美白へと繋がっていきます。

キャリアオイルは天然の素材から抽出されたものが多いので、貴方のスキンケアにキャリアオイルを使用してのはいかがでしょうか?

 

他の美白オイルに関する記事はこちら
アロマオイルでシミや肌トラブルを改善!シミに効くアロマの美白効果とシミが生じてしまうメカニズムとは?

ホホバオイルでシミをケア!ホホバオイルの美白効果とは?

おすすめの美白アイテムはこちら
『アプリアージュ薬用オイルsの口コミは?杏仁オイルで肌のブツブツやザラザラ感を解消!!

薬用マスターホワイト美白オイルバームを使って保湿と美白を実現しよう!

アルファピニ28 コンプリートオイル美容液の成分・効果を徹底解明!!