UV乳液で日焼け対策と保湿を!これ1本で紫外線も乾燥も怖くない

晴れたベンチに座って地図を見ている女性 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

秋冬というと肌寒くなってくる季節ですが紫外線対策はしていますか?
寒い季節になっても紫外線は降り注いでいます。
ですが、日焼け止めはベタベタして使いたくないという方、敏感肌で乾燥が怖いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方々にオススメしたいのがベタつきを抑えて紫外線カットと保湿をしてくれるUV乳液です。
今回は紫外線対策の知識をつけた上で便利なUV乳液について見ていきましょう。

紫外線吸収剤フリー・ノンケミカルとは

日焼け止めなどを使用される方は紫外線吸収剤フリーノンケミカルという単語を耳にしたことがあるかもしれません。
これらがどういったものなのかを見ていきましょう。

紫外線吸収剤フリー

先に紫外線吸収剤がどういったものなのかを見ておきましょう。
紫外線吸収剤は紫外線を熱エネルギーなどに変換することで紫外線から肌を守るものです。

パラアミノ安息香酸、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどの化学成分であることからケミカルとも呼ばれます。
かなりのメリットがあるため多くの商品に使われていますがデメリットもあります。

メリット

  • 透明性が高く白浮きしない
  • 塗り心地が良い
  • 伸びが良い
  • 汗で流れにくい
デメリット
  • 紫外線を吸収したときに刺激を感じることがある
  • 乾燥・肌荒れを起こすことがある

刺激などのデメリットを避けるために紫外線吸収剤を含まない物を紫外線吸収剤フリーやケミカルフリーと呼ぶのです。

ノンケミカル

ノンケミカルは紫外線散乱剤とも呼ばれている紫外線を反射する成分です。
代表的な成分に酸化チタンや酸化亜鉛があります。

ノンケミカルにもメリットとデメリットがあります。

メリット

デメリット
  • 塗った部分が白浮きしやすい
  • 乾燥しやすく塗り心地もイマイチ

少し前まではノンケミカルはデメリットのせいで使い勝手がよくありませんでしたが、保湿成分をプラスしたノンケミカルクリームなどの開発が進んで現在はデメリットも目立たなくなりました。

UVクリームのポイントと選び方とは?ノンケミカル・SPF・PAとは何を示している?

紫外線防止剤SPF・PA値

紫外線吸収剤やノンケミカルといった紫外線防止剤が含まれた商品にはSPFPAという値も記載されています。
それぞれ作用が違うようですがどういった意味なのでしょうか?

SPF

地上に降り注ぐ紫外線にはUV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)があります。
SPFは2つのうちUV-Bという強い紫外線を防ぐものです。

SPFはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)を略したものです。
数字が大きくなるほど効果が高く最大50+まで表記されます。

通常は肌が赤く日焼けするまで15~20分程度と言われていますが、SPFの数字はそれをおおよそ何倍遅らせられるかを示しています。

20分で赤く日焼けする人がSPF30のものを塗った場合、20分×30=600分まで日焼けにかかる時間を遅らせます。

膝に日焼け止めクリームで描かれた太陽

PA

PAはプロテクショングレードオブUV-A(Protection grade of UV-A)の略の通りUV-Aへの防止効果を表すものです。
+の数が多いほど効果があり最高値は++++です。

PA分類(日本化粧品工業会による)

PA++++UV-A防御効果が極めて高い
PA+++UV-A防御効果が非常にある
PA++UV-A防御効果がかなりある
PA+UV-A防御効果がある

UV-Aは肌を特に老化させる恐ろしいものです。
冬でも夏の半分は降り注いでいるのでPAは年間通して気にしたい値です。

日焼け止めに表記されているPAって何の事?PA値が高いと紫外線対策として有効なのか?

UV乳液を選ぶポイント

冒頭でも話した通りUV乳液は保湿と日焼け止めを兼ねる優れ物です。
そんなUV乳液を選ぶときに気にしたいポイントを見ていきましょう。

保湿力

紫外線吸収剤もノンケミカルも乾燥や肌荒れを起こすことがあります。
肌のバリア機能にダメージを与えて保湿力が落ちてしまうためです。

これを補うために多くの商品には保湿成分も同時に含まれています。
保湿ができていれば化粧のノリも良くなりますし一番に気にしたいところです。

葉っぱの上の水滴に映る花

肌の負担の少なさ

日焼け止めクリームを使ったときに洗顔しても全然落とせないという経験をした方もいるでしょう。
しっかりクレンジングするとなると肌にかかる負担も気になってしまいますよね。
紫外線吸収剤は油に溶けやすく水に溶けないという性質を持ち落とすのが大変なこともあります。

敏感肌の方でも使えるものはどなたでも安心して使えるものが多いのでオススメです。

敏感肌の方にオススメ

  • ノンケミカルのUV乳液
  • 香料・着色料・パラベンなどが不使用のもの
SPF・PAが最高レベルのもの(SPF50+・PA++++など)も肌に負担がかかってしまいます。

肌の状態や場面によって使い分けるなど工夫すると良いでしょう。

メイク下地に使えるか

UV乳液にはメイクの下地としても使えるタイプがあります。
下地として使えれば白残りもせず自然な色味になりメイクのノリもよくなります。

日焼け止めを冬でも忘れずに毎日欠かさずに塗るのは大変ですよね。
UV乳液をメイク下地にしてしまえば意識せずにUVケアもできて一石二鳥ですよ。

化粧下地で透明感のある美白肌を!美白に効果のある化粧下地をご紹介!!

オススメの美白UV乳液3選

保湿力・肌への優しさ・メイク下地の役割を兼ね備えたお得なUV乳液をご紹介します。

デーケアレボリューション C(SPF30)

デーケアレボリューション C(SPF30)の商品画像
  • メーカー名:エリクシール ホワイト(資生堂)
  • 商 品 名:デーケアレボリューション C(SPF30)
  • 価   格:¥3,456(税込)
  • SPF30・PA++++

朝に化粧水を付けた後に使うことで夕方まで美白ケアができます。
ローズ・ミュゲなどを組み合わせたアクアフローラルのテイストにローズマリー精油をプラスし、スキンケアが楽しくなる香りになっています。
SPF50+の物も同じ価格で販売されていますので場面によって使い分けるのも良いですね。

おしろい美白乳液

おしろい美白乳液の商品画像
  • メーカー名:PRIOR(プリオール)
  • 商 品 名:おしろい美白乳液
  • 価   格:¥3,456(税込)
  • SPF50+・PA++++

保湿とメイク下地を兼ねながらm-トラネキサム酸配合で肌荒れも防ぎます。
ほんのりピンク色のパウダーも入っており肌をトーンアップする薄化粧効果もあります。
こちらも朝の化粧水の後に塗るだけで夕方まで効果が長持ちです。

クレッセント ホワイト UV プロテクター

クレッセント ホワイト UV プロテクターの商品画像
  • メーカー名:ESTEE LAUDER(エスティーローダー)
  • 商 品 名:クレッセント ホワイト UV プロテクター
  • 価   格:¥5,616(税込)
  • SPF50・PA++++

軽いつけ心地で肌に馴染んでくれるUV乳液です。
直径1cmくらいの量を伸ばすだけで日中乾燥を感じることもないほどの保湿力を持ちます。
ファンデーションの前に使って化粧のノリも抜群です。

紫外線対策ができるBBクリームのオススメとは?

美白UV乳液で1年中UV対策を!

今回は紫外線対策の基礎知識を確認しながらUV乳液について見てきました。
夏に多いUV-BにはSPF、年中降り注ぐUV-AにはPAの値が重要です。
よくチェックしながら選んでいきましょう

UV乳液は紫外線対策と保湿、そして物によってはメイク下地までこなせるアイテムです。

乾燥肌敏感肌の方はもちろん日焼け止めクリームのベタっとした感覚が苦手な方も快適に使うことができます。

スキンケアする女性と映りこむ観葉植物

それに保湿は何よりも肌トラブルの芽を摘む最重要ケアです。
乾燥しやすい時期に向けて意識して取り入れていきたいものです。

1年通して油断できない紫外線の対策にぜひUV乳液を取り入れて、夏でも冬でもシミ知らず・乾燥知らずのしっとり美白を手に入れてみてくださいね。

もっと手軽に乳液を買うには!?ドラックストアで買える美白に効果的なおすすめプチプラ乳液をご紹介!

美白ケアには美白乳液を!美白乳液の効果と選ぶ際のポイントとは?

おすすめの美白アイテムはこちら
塗っていることがバレない?! 男性用化粧品NULLBBクリーム 

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

夏も目の下のよれるがナシ!!絶対崩れない『氷の微笑クールファンデーション』