馬油とはどんな化粧品なの?馬油の美白効果をご紹介しましょう!

乗馬をしている外国人の貴婦人 美白

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

馬油は手荒れなどに使う方は多いかと思いますが、美白への影響はどうなのでしょうか。
また、旅館などで見かけるシャンプーで馬油が使われていますが、いったいどのような効果があるのでしょう。
今回は馬油の美白効果について調べてみました。

馬油とは

馬油(ばーゆ)とは食用に処理した馬の腹や首などの皮下脂肪から抽出した油です。
馬油が使われ始めたのは4000年前の中国からと伝えられていて、当時の書物には馬油の高い効能により薬用として使われていたことが記されています。

皮膚内の空気を逃がしつつ、空気を取り込まないので傷口に酸素が行かないため主に火傷の傷薬として使われていました。
また、高い殺菌効果も当時から知られ、日本には400年後に来た唐僧によって伝来したと記録に残っています。

馬油は馬から抽出した油脂なので動物性に分類されます。
動物性の油は飽和脂肪酸が含まれていて、飽和脂肪酸は体内にコレステロールを精製してしまうので出来るだけ動物性は抑えた方が良いと言われています。

馬油には飽和脂肪酸だけでなく、植物性油が多く持つ不飽和脂肪酸も一般の動物性油よりも豊富に含まれます。
不飽和脂肪酸はコレステロールを抑える効果がありますので、血液循環を改善させる効果が期待できるのです。

動物園に飼育されている1頭の馬

馬油は他の動物性脂肪酸とは違い、人に欠かすことのできない高度不飽和脂肪酸が豊富なのでシミやそばかすの更なる除去が期待できます。
一部の不飽和脂肪酸は人体から生成できないので、体内に摂らなければ発育に影響が出てしまう恐れがあります。

さらに、高い浸透力を持っているので塗りこむだけで皮膚から皮下細胞に直接浸透し、細胞の保湿が高まり肌のキメを良くする働きが期待できるのです。
高い抗酸化作用があるので皮膚の活性酸素を除去して肌荒れを抑えてくれ、消炎作用により皮膚の炎症を抑えてくれます。

純粋の馬油は動物性の油分で非常に酸化しやすい物質ですから、注意して使わないと害になる可能性もあります。

肌のキメを細かくする方法とは?整えるための洗顔方法や効果的な化粧水・食べ物って何?

馬油の成分

馬油は植物性が持つ成分を多く含んでいるのが特徴です。
主にオレイン酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸、リノール酸、リノレン酸が豊富に含まれています。

α-リノレン酸

α-リノレン酸は主に植物に多く含まれていますが、馬は牧草を多く食べるので馬の脂肪にも多く含まれるのです。
α-リノレン酸は不飽和脂肪酸なのでコレステロールを低くする効果があります。
動脈硬化の防止に加えて血液をサラサラにする効果によって、血液が体内に行き渡り身体の老廃物を体外に排出してくれるので肌のシワなどの老化を予防できます。

また、α-リノレン酸は生活には欠かせない成分ですが、体内で生成できない成分なので馬油を皮膚に塗れば補うことが可能なのです。

オレイン酸

オレイン酸は不飽和脂肪酸の一種でオリーブの油などに含まれている成分ですが、主にコレステロールを抑える働きがあります。
オレイン酸は人間の皮脂の中に多く含まれているので人の肌に適応しやすく、身体の皮脂と違い酸化しにくく肌の害になりにくいのが特徴です。

脂は有害化すると肌にダメージを与えて、毛穴の中の細菌が繁殖しニキビなどの炎症の原因となってしまいます。
しかし、オレイン酸は皮膚の乾燥を抑えて柔軟にして、皮脂を正常にし角質を落としてくれます。
それによってシワやたるみを抑制してくれるのです。

パルミチン酸

パルミチン酸はビタミンAの維持に必要な成分で、ビタミンAは皮膚の保護効果の助けになります。
なので、パルミチン酸が不足するとビタミンAの働きも弱まりますから、パルミチン酸は摂る必要があると言えます。

食物から摂取するだけではなく、皮膚から塗っても体内に吸収されるので馬油を塗るのは良い方法だと言えます。
ただし、パルミチン酸は飽和脂肪酸なので摂りすぎると体内にコレステロールが蓄積され、生活習慣病の原因となってしまうので注意しましょう。

リノール酸

リノール酸は必須脂肪酸の一種で、皮膚内の働きとしてはセラミドの成分を持ち、肌の水分を逃がさずにターンオーバーを正常に促してくれます。
よって、シミを薄くする効果が期待できるのではないでしょうか。

この他にパルミトレイン酸は飽和脂肪酸の一種で酸化しにくい特徴があり、血液を使い全身に流れていき肌の老化を抑える働きがあります。

やっぱり知りたい美白効果のアレコレとは!美白成分の効果やおすすめの美白化粧品をご紹介!

馬油の美白効果と保湿

エステにてマッサージを受けている女性

馬油自体には肌を直接白くする効果はありませんが、馬油を肌に塗ると血流が改善されてターンオーバーが促されます。
そして、皮膚の再生によりシミの状態を薄くしていって肌を白くしていく効果が期待できます

また、ひと月ほど馬油を塗った肌を軽くマッサージをすると、更なる血流改善により肌の活性効果も期待できます。

紫外線による日焼けも馬油の火傷の治癒効果により、赤くなった肌や日焼けで水膨れした肌を治療して元の肌に戻すのに効果的です。

血流の改善によって保湿力が増すと肌の水分を逃がしにくくなり、それによって肌が潤ってシワなどが出来にくくなりターンオーバーが促しやすくなります。
ターンオーバーが上手く働いていけばシミの角質が剥がれていき、徐々にシミが薄くなっていきます。

シミ対策に有効的な美白成分とは?シミを予防する美白美容液とおすすめの美白美容液とは

馬油の効果的な使い方

 馬油を肌につけて肌が白くなるのであれば化粧品として使いたいところですが、使い方を間違えると効果が半減してしまう恐れがあるので気をつけて取り入れましょう。
馬油を塗るには
洗顔後に化粧をする人が多いと思いますが、化粧の上に馬油を塗れば肌の水分が逃げないので潤いが保てると思われがちです。
しかし、馬油を最初につけるべき化粧にするのです。
そうすると肌の水分を逃がさないので、馬油の上から塗る化粧下地の効果増進が期待できます。
馬油は不飽和脂肪酸なので塗りすぎると毛穴の皮脂が多量に溜まることになり、そこからニキビになってしまいかねません。
馬油を肌に塗るのは多すぎない適量が望まれます。

また、馬油の成分は油なので紫外線を受けると、馬油が変質して有害化してしまう恐れがありますから気を付けましょう。

肌荒れを防ぐ紫外線対策とは?紫外線による肌荒れを防ぐ効果的なスキンケアとおすすめグッズとは?

おすすめの馬油

馬油の効能は皮脂の性質に近く、ネットで購入しやすいので手に取ってみてはいかがでしょうか。
しかし、馬油製品なら何でも良いわけではありません。
不純物が混じっているとそこから肌の害に繋がってしまうので、できるだけ馬油100%のものを選ぶのが良いでしょう。

ソンバーユ

薬師堂のソンバーユ 無香料75ml
  • メーカー名:薬師堂
  • 商 品 名:ソンバーユ 無香料
  • 価   格:¥2,160(税込)

馬油は古来から薬用として傷薬に使用されてきましたが、それを一般商品として売り出したのがソンバーユです。
ソンバーユは添加物や不純物が一切含まれていなく、精製された馬油のみでつくられていて身体に優しい商品です。

馬油の肌の保護機能や血流の改善に大きな効果が期待でき、身体中に血液が行き渡ると細胞が正常に活動するので、肌のターンオーバーが促されてシミを防いだり肌にツヤが出たりします。

馬油の油分が人間の油分によく似ているので、肌に浸透して皮膚の足りない油分を補い皮膚から水分を逃がさないようにしてくれます。

馬油洗顔フォーム

ジュンコスメティクスの洗顔フォームN
  • メーカー名:ジュンコスメティック
  • 商 品 名:馬油洗顔フォーム
  • 価   格:¥398(参考価格)

馬油の高い保湿効果を洗顔用として販売している商品です。
天然保湿性成分であるα-リノレン酸や潤い成分であるトレハースなどが配合されていて、肌の隅々に浸透してくれ乾燥を防いでくれます。

フルーティフローラルの香りなのであまり臭いが気にならずに、しっとりした感触で使用できてキメ細やかな肌が作られます。
馬油製品の単価としては500円以下とリーズナブルなのでリピートしやすいのが特徴です。

北海道精製純馬油ピュアホワイト

北海道純馬油本舗の精製ピュアホワイト
  • メーカー名:北海道純馬油本舗
  • 商 品 名:北海道精製純馬油ピュアホワイト
  • 価   格:¥2,160(税込)

赤ちゃんから大人まで使える純馬油100%の全身保湿オイルです。
独自の製法で馬油特有の臭みを除去してあります。

無添加で保湿力が優れているため、敏感肌乾燥肌の人にも使うことができます。
パサついてまとまらない髪の毛のケアにも使えます。

美白ボディは保湿から!美白ボディに必要不可欠な保湿成分って何?

馬油は美肌にしてくれる化粧品です

馬油は普段はなじみがないので、どういう効果があるか分からずに使っていた方も多いかもしれません。
馬油には高い肌の保護効果と同時に美白に繋がる効果があります。

馬油は大昔から使われていて、中国では実際に傷薬などの薬用として使われていたようです。
牛脂やラードのように馬油は動物性脂肪酸でコレステロールが高くなると思いがちですが、植物性脂肪酸も豊富で人間の生活に必要な必須脂肪酸も多く含まれているので、人間の皮膚に合った使い方ができます。

しかし、人の皮脂は酸化しやすいので塗ったままにしておくのではなく、少しずつ塗っては落とすを繰り返すのが良いのかもしれません。
馬油の高い浸透力を利用して化粧に使うのも良いですが、その場合は下地に馬油を使うと肌のモッチリ感をキープすることが出来ます。

夢の中で馬と駆けている女性

馬油製品は多く市販されているので、用途や自分に合った商品を選ぶと肌の害を受けずに綺麗な肌にすることが出来ます。

美白と美肌は切っても切れない存在です。
シミ・そばかすを薄くすることで白さに近づくことができます。
馬油の力は薬用に使われていたほど高い効果を持っています。
その高い美白効果を肌の保持に生かしてみてはいかがですか?

 

乾燥が気になる方に必見!安くても効果のあるプチプラ美白ボディクリームをご紹介!!

美白と保湿には深い関係があった!肌に潤いを与える保湿効果のある美白化粧水

おすすめの美白アイテムはこちら
保湿・潤い・白肌の3つのケアが同時にできる、魔法のパッククリーム「王妃の白珠」

”カリスマエステティシャン”が作った!ニューピュアフコイダン 

新発想のナイトクリーム「おやすみ中のご褒美」ってどんな効果があるの?!