UVクリームのポイントと選び方とは?ノンケミカル・SPF・PAとは何を示している?

キレイな肌の女性 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

普段何気なく使用しているUVクリーム
ドラッグストアで何となく選んだUVクリームを使用していましたが、よくパッケージを見てみるとSPFやPA、ノンケミカルなど書かれています。
それらは一体何の事なんだろうと思い、調べてみました。

UVクリームとは?

UVクリームとはどんなクリームなのでしょうか?
「UVは紫外線の事だから紫外線に効果のあるクリームじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はちょっと違います。

確かに紫外線対策用のクリームなのですが、UVクリームの本当の役目を正確に言うと紫外線による日焼けを防止するクリームなのです。

日焼け止めクリームは沢山の種類が販売されていますが、UVクリームには紫外線に対抗する有効な成分が含まれているのです。

薬局などで販売されている日焼け止めクリームを見ると、表示にSPFPAと書かれていると思います。
これは何を表しているかと言うと、肌の紫外線対策効果の指標です。
SPFやPAには数値があり、この数値で紫外線からどの位肌を守れるのかが分かります。

日焼け止めだけで紫外線対策は大丈夫?

SPFとは?

SPFは紫外線B波を防ぐ効果指数の事を表しています。

日焼け止めクリームを塗らずに強い紫外線を浴びると、肌は20分を超えると日焼けし始めます。
UVクリームのSPFは日焼けが始まる20分間をSPF1と定めています。

SPF20の場合、SPF1が20分ですので単純計算で20分×(SPF)20なのでおよそ7時間、SPF30なら20分×(SPF)30でおよそ10時間は紫外線B波の影響を食い止める事が出来ます。

SPF値を選ぶ目安として時期にもよりますが日焼け防止ならSPF30以上のもの、普段あまり外出しないのであればSPF20でも大丈夫です。

また、今ではSPF50のUVクリームも販売されており、数値が高くなると肌への負担が増えます。
また、SPFは30を超えた当たりから効果が横ばいになってきます。
ですので、スキー場など強烈な日差しを浴びる場面を除いてはSPF30当たりまでが日常には適しています。

日焼け止めでよく目にするSPFって何?その数字は何を示しているの?

PAとは?

PAは紫外線A波を防ぐ効果指数の事です。
紫外線UV-A波は肌の奥にある真皮層にまで浸透してしまい、たるみやシワの原因になってしまいます。

そんな紫外線Aを防止するPAの数値はPAの後に表示されている「+」の数で効果が分かる様に作られています。

「+」表示は2012年頃まではPA+++が最も効果が高いUVクリームでしたが、2013年には「+」が一つ増えPA++++まで表記が可能になり、紫外線UV-A波に非常に効果を発揮するUVクリームとなりました。

「+」の意味は、紫外線を浴びた肌が「色素沈着」を起こすまでの時間を2倍から4倍引き延ばす効果を意味しているのです。


+      効果あり
++   効果が高い
+++  効果が非常に高い
++++ 効果が最も高い

「+」の数が一つ増える度に紫外線A波に対して効果が上がるのです。

「+」の数は屋内や屋外で変わってきますので、場所によっては使い分けが必要です。
紫外線A波は年々深刻になっていますので、日焼けや肌トラブルを防止するならPA++++を使用する事をおすすめします。

日焼け止めに表記されているPAって何の事?PA値が高いと紫外線対策として有効なのか?

ノンケミカルって何を言っているの?

手にクリームを塗る画像

ノンケミカル商品です!と耳にすると「ノンケミカルだから敏感な肌の方や赤ちゃんでも安心して使用する事が出来る」と想像しますよね。
でも、ノンケミカルって一体なんなのでしょうか?

日焼け止めには2種類の紫外線防止剤が含まれています。

紫外線防止剤の種類

  • 紫外線散乱剤 肌に浴びた紫外線を跳ね返します。
  • 紫外線吸収剤 肌に塗った日焼け止めクリームが、紫外線を吸収して肌まで到達させません。

紫外線吸収剤は化学物質で紫外線を吸収し、紫外線が肌に当たらない様にします。
一方、紫外線散乱剤は紫外線のカットに化学物質(ケミカル)を使用しておりません。

「ノンケミカル」は別名「ケミカルフリー」とも言われており、化学物質を使用していない紫外線散乱剤の事を指します。

それでは、紫外線散乱剤のノンケミカル品と紫外線吸収剤どちらを選べば良いのでしょうか?
各々のメリットとデメリットをまとめてみました。

紫外線吸収剤

主な成分:メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、オキシベンゾン-3 など

メリット

  • 防御力がある
  • 透明で白浮きがない
デメリット
  • 肌に大きな負担がある
  • 効果が短く、塗り直しが必要
  • 石鹸で落ちにくい

紫外線吸収剤の成分や効果などを知って良い化粧品選びをしましょう

紫外線散乱剤

主な成分:マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン など

メリット

  • 肌への負担が少ない
  • 落ちやすい
  • 効果が比較的長い
デメリット
  • 落ちやすい
  • 白浮きしたり、ベタベタしたり、肌なじみが悪い
  • 防御力が低い

こう見てみるとそれぞれ良い点と悪い点があります。
ノンケミカルは肌への負担が少ないのですが肌の質は人によって異なり、「肌に優しい」と盲目的に信じてしまうのは少し危険かなと思います。

言葉に誘惑されイメージで選ぶのではなく、心配な方はパッチテストを行いましょう
冷静で正しい情報意識を持てば上手に使い分ける事が出来ると思います。

紫外線から肌を守るための製品~紫外線散乱剤とはどういったものか~

おすすめのノンケミカルUVクリーム三選!

ここでは、ノンケミカルUVクリームをご紹介していきたいと思います。

 SPF50+PA++++ミネラルUVクリーム

VINTORTE ミネラルUVクリーム
  • メーカー名:VINTORTE
  • 商 品 名:SPF50+PA++++ミネラルUVクリーム
  • 価   格:¥3,300+税
  • SPF50+/PA++++

100%自然素材で作られたSPF50+PA++++のリキッドタイプの日焼け止めベースです。

紫外線をしっかりと防ぎながらエーデルワイスを中心とした6種の植物エキスと3種の植物オイルが、乾燥ダメージを受けた肌をしっとりと包む込んでキメを整えます。
また、PM2.5などの大気汚染物質が影響してくる「環境ストレス」からも肌をガードします。

滑らかに伸びてベタつかず、顔全体をトーンアップさせてナチュラルなツヤを与えます
毛穴をふさがず、石けんで簡単にメイクオフする事が出来ます。

BBパーフェクトクリームエンリッチソフト

ドクターシーラボBBパーフェクトクリームエンリッチ
  • メーカー名:ドクターシーラボ
  • 商 品 名:BBパーフェクトクリームエンリッチソフト
  • 価   格:¥3,980(税抜き)
  • SPF35/PA++

保湿成分美容成分が含まれているクリームです。

紫外線カット効果が十分期待する事ができ、そばかすシミの防止も出来る為コンシーラー無用の肌にしてくれます。

ALLNA ORGANIC BABY 日焼け止め

オルナ オーガニック ベビー 日焼け止め
  • メーカー名:ALLNA
  • 商 品 名:ALLNA ORGANIC BABY 日焼け止め
  • 価   格:¥1,515(税込)

紫外線吸収剤不使用のノンケミカルUVクリームであり、合成香料合成着色料不使用の無添加で肌に優しいUVケアをする事が可能です。

赤ちゃんに塗る際は肌に合うかどうかをチェックする為に必ず「パッチテスト」を行って下さい。
腕の内側などに小さく塗って肌が赤くならないかどうかお試しください。

万が一顔に塗布して唇についてしまい、ちょっと舐めてしまったとしても基本的に問題ありません。

曇りの日や雨の日は?

天候に関わらず、太陽が空にある時間は塗っていた方が安全です。

季節によって紫外線の量に増減はありますが、紫外線のない日は基本的にはありません。
油断して日焼け対策を怠ると晴れの日よりも「目に見えない日焼け」をしてしまう事があります。


どれぐらいの頻度で塗り直せばいい?

2~3時間おきに塗り直すのが望ましいとされています。
沢山の汗をかいている場合、汗を拭く度に塗り直してあげて下さい。

紫外線吸収剤は私たちの身体に悪さをする?紫外線吸収剤の成分と紫外線吸収剤不使用の日焼け止めとは

UVクリームにも様々な種類がありました。

花に囲まれている外国人女性

UVクリーム(PAやSPF)についてご説明してきましたがどうでしたでしょうか?

UVクリームの役目は、紫外線によって生じる日焼けを防止する為のクリームなのです。
日焼けを起こさせない様にする為に、SPFやPAという指標があります。
SPFは紫外線B波の影響を引き伸ばす為に、PAは紫外線A波を対する防御能力(お肌が黒くなりにくくさせる)為の指標です。

しかし、ただ単にUVクリームを塗れば良いという分けではなく、肌質や環境でUVクリームは使い分けなければいけません。
ですが、UVクリームのイロハを理解しているだけで自分に合ったUVクリームを選べる事が出来ると思います。

ピッタリのUVクリームを見つけ、紫外線をカットし夏を楽しんでください。

 

日焼け止めパウダーが果たす紫外線対策効果とその成分とは?

日焼け止めに代わる紫外線対策アイテム!パウダーファンデーションの紫外線対策効果とは?

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?