紫外線によるデメリット~紫外線を浴びた場合と浴びない場合~

花を持った目がきれいな女性 紫外線

※Contents内をタップすると読みたい項目へ

近年、紫外線は有害な物だという認識が広まってきました。
ですが、本当に害しかもたらさないのでしょうか。
紫外線が肌にもたらす効果や紫外線が全くない空間はあるのか、そもそも紫外線とは何なのか、紫外線は恐ろしいものなのかどうか、今回は紫外線を浴びるデメリットをメインテーマにしてお話させていただきます。

紫外線が肌にもたらす効果とは?

強い日差しを浴びていると、肌がヒリヒリしてきて赤くなりますよね。
皮膚に炎症(軽度のやけど)を起こし、ひどくなると皮がむけていきます。

これはサンバーンと呼ばれる現象で、刺激の強い紫外線UV-Bが引き起こします。
日焼け止めの他、日焼け(肌を黒くする)を促進するサンオイルを塗ると、たいていの場合は予防できます。

紫外線UV-Bは表皮の底のメラニン色素生成細胞(メラノサイト)を刺激し、メラニン色素を分泌します。その後、メラニン色素は細胞に沈着します。

※メラニンは身体が紫外線を遮ろうとする防衛反応として分泌されます。
日焼けで肌が黒くなるのはサンタンと呼ばれる現象です。皮膚深く浸透する紫外線UV-Aが、メラニン色素を酸化させ黒くします。

これら紫外線によるサンタンは、肌を小麦色に焼きたいと考える若い女性に人気があるのですが弊害もあります。

女性の紫外線対策とは?美しい肌のために行うべきこと

繊維細胞を断絶しシワとなったり、皮膚の潤い成分コラーゲンにダメージを与え、たるみの原因になります。

これらが肌老化を加速します。
細胞の遺伝子情報を破壊、皮膚がんの原因にも。

ただし、逆に皮膚病への光線療法というものもあります。

皮膚科では、アトピ-性皮膚炎などの治りにくい皮膚病に対して、UV-B波の中の一部の波長のみを照射する「光線療法」を行うことがあります。

紫外線を浴びるメリットとして、ビタミンDの生成が挙げられます。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるので、1990年代ごろまでは日光浴がさかんに勧められていた時代もありました。

むかしの日本人は、ビタミンDを含む食品が限られていたことも背景にあり、日光浴を奨励していた模様です。

しかし紫外線はデメリットの方が大きく、紫外線を浴びるメリットであるビタミンDの生成も現代では食物だけで日常生活に不足することはないとされています。

もっとも潜水艦の乗組員は、食事だけではビタミンDが不足するとの資料もあり、まだ調査が必要な様子です。

紫外線が肌に与える効果まとめ

  • 日焼けして肌が黒くなる。
  • ビタミンDの合成を促すから完全には無益ではない、けれど今日では食品から十分摂取することができます。
  • 美肌を損ない、シミ、たるみ、シワの元凶になります。

日差しの強い日

紫外線がまったくない空間はあるの?

太陽光が降り注ぐ限り、紫外線がまったくないということはありえないはずです。

屋内でもガラス窓越しに紫外線は入ってきます。UV-Bならかなりカットされるものの、UV-Aはほとんど素通り状態です。

カーテンをしていても普通の生地のカーテンならUV-Aはかなり忍び込みますので、屋内でも昼間は油断できません。

仮に夜中の屋外は真っ暗闇の屋内でも、照明がついているならごく微量ながら紫外線は放射されていますが、気にする必要はない程度です。

大昔の白熱灯はともかく、蛍光灯なら太陽光の千分の一、LED灯ならさらにその百分の一といいます。
もっとも蛍光灯もLED灯も、紫外線を発する性能のものも販売されています。工業用など特殊な使用目的のためです。

では、真っ暗闇の屋外では紫外線はあるのでしょうか?
月明かりが照らす光は、太陽の光を反射したものですが、紫外線のうちUV-B波は反射されませんし、UV-A波に関しても十万分の一に減衰しているとされますから無視していい程度でしょう。

まとめると、紫外線は昼間なら屋内でも要注意で、夜中なら照明をつけていてもまず大丈夫ということですね。

危険?夜の紫外線量は意外とあるの?

そもそも紫外線ってなに?

電磁波です。

目に見えない波長の短い光のことを指します。
光とは電磁波のことで、目に見える光は可視光線と呼ばれています。

波長が短いということは、それだけエネルギーも強いということで、紫外線はスキンケアの大敵とされていますね。

光とは空間を伝わる波で、波は振幅しています。

光とは周波数と振幅の大きさの違い以外同じなのですが、その波長により物質に与える影響などが異なるため、いくつもに分類されています。

電磁波はあまりに波長が短いと、レントゲンのX線や有害なガンマ線などの放射線になります。

紫外線の波長による区分
UV-A 400nm未満~
UV-B ~280nmまで
UV-C ~200nmまで
厳密には紫外線とは「可視光線の紫色を超えた光」です。

広義には紫外線と呼ばれる光の波長の短さは下限がとても低く、UV-Cをはるかに下回り~10nmまでとされ、つまりX線なども紫外線に含まれてしまうのです。

紫外線ダメージをどの様にして予防すればいいの?

紫外線をそんなに恐れる必要はない?

適度な量ならむしろ健康的で、紫外線はビタミンDを体内で合成するのに必要なものです。

ですが、強力すぎたり長時間浴び過ぎたりすると有害です。

ビタミンDの生成に必要な量の二倍から三倍以上の時間は浴び過ぎといった意見もあり、たくさん浴びたからといって体内にビタミンDが貯蔵されるわけではありません。

ちなみに夏場では木陰で20分~30分ほど、冬なら50分~60分くらいで1日に必要なビタミンDが体中で生成されます。

ですから、屋外でのレジャーだと何時間も日差しを浴びることになるので、日焼け止めや紫外線対策は不可欠です。

紫外線のデメリット
  • シミ、しわ、たるみの原因になる
  • 皮膚の免疫反応を抑制する(バリア機能が落ちる)
  • 光線過敏症はさまざまな皮膚症状が現れる病気で、紫外線が主な原因とされています
  • 角膜炎や白内障など、目の疾患の主な原因になる可能性があります

結論としては、紫外線は浴びすぎると大きな脅威になるかと思います。

紫外線を浴びないことはマイナスになる面も……

紫外線にはメリットはあまりないようです、むしろ有害な作用ばかりですね。

ですが、まるで紫外線を浴びないでいると、やはり少しはデメリットも出てきます。

単純にいえば肌が黒くなりません。

美白を追求している方は別ですけれど、青白い顔をしていると病弱に思われることもあるでしょう。
少し薄茶色になっているくらいが、若い子の場合は健康的に見えます。

夏場に紫外線を浴びておくと、その後数か月免疫力が上がり、風邪などを引きにくくなるという説もあるようです。

皮膚だけでなく身体の新陳代謝を活性化しますから、デトックス効果や痩身効果も期待できるかもしれません。
もっとも、代謝が上がると食欲も増すはずなので、差し引き変わらない可能性もあります。

カルシウムの吸収を考慮した場合、最低限のビタミンDは欲しいですね、さもないと骨や歯に悪影響が出ます。

さらに、紫外線はともかく日光を浴びなかったらメンタル面にもストレスです。

鬱などを招いたり、体内時計が狂い不眠症など睡眠障害を起こすという説もあります。
ずっと太陽光を浴びないと、抵抗力が低下し皮膚病や骨軟化症、あるいは重大な病気を引き起こす可能性もあります。

極端に紫外線を浴びない国では、大腸ガンなど一部の病気の罹患率が上がり、アメリカでも年間数万名の犠牲者が出ているのではないかとの推計もあります。

結論として、紫外線は有害な物ですが、紫外線を全く浴びないとデメリットがあることも、脳裏に留めておいてはいかがでしょう。

 

紫外線の除菌効果で衛生的な生活、一般家庭でも取り入れられるものはあるか?

太陽以外に紫外線を出すもので我々の身近にあるのはどんな物?

おすすめの紫外線対策アイテムはこちら
高SPFなのに無添加!エポラーシェ カラー&UVベース  

オーストラリア発のオーガニック日焼け止めクリーム、ソレオ オーガニックスで紫外線から肌を守りましょう!

紫外線対策クリーム『ペネロピムーン・エバーピンク』の口コミは?